映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『殺人の追憶』トンネルの向こう側

殺人の追憶

~ 살인의추억:MEMORIES OF MURDER ~ 


  

   f:id:nakakuko:20150413005759p:plain

 
監督: ポン・ジュノ   
出演: ソン・ガンホ、キム・サンギョン、キム・レハ、ソン・ジェホ、ピョン・ヒボン、パク・ノシク、パク・ヘイル、チョン・ミソン
公開: 2004年3月27日



2012年12月20日。DVD観賞。

もう、ずいぶん前にたぶんCS放送で見ているけれども、感想を書いていなかった。
最近「カエル少年失踪殺人事件」のレビューを書いたので、これも書いてしまおうと思って改めてDVDで見直した。

本当は、あまり見たくなかった…嫌いだからというのではなくて辛いから。

「殺人の追憶」は、1980年代に韓国で起きた「華城連続殺人事件」を題材に描かれている。事件その物は史実だが、映画はあくまでも題材にしただけのフィクション。

華城連続殺人事件(ファソンれんぞくさつじんじけん)は、1986年から1991年にかけて大韓民国の京畿道華城郡(ファソン)(現在の華城市)周辺で10名の女性が殺害された未解決事件で、韓国史上最初の連続殺人である。2003年公開の韓国映画、『殺人の追憶』はこの事件をモチーフにしている。2006年4月2日に、最後の事件の公訴時効が成立、全ての事件について犯人を訴追することが出来なくなった。(by wikipedia 「華城連続殺人事件」)



韓国三大未解決事件の1つで、あとの2つはイ・ギュマン監督が「カエル少年失踪殺人事件」で映画化した「城西小学生失踪事件」と、パク・チョンピョ監督が「あいつの声」(未見)で映画化した「イ・ヒョンホ君誘拐殺人事件」。

物語は事件その物よりも、その捜査に関わった2人の刑事を中心に描かれる。

悲惨な事件なのに、その捜査に当たる刑事のやり方がえげつない。もう、冤罪でも何でもいいから犯人を「作ろう」と必死の拷問まがいの自白強要。
しかし、そんな状態に眉をしかめつつも、何となくクスッとしてしまうのもポン・ジュノ監督の作品ならでは。

そして、そのえげつない刑事をポン・ジュノ作品といえばこの人だろ、というソン・ガンホが演じる。

手柄を焦る刑事の馬鹿馬鹿しくさえ見える「犯人作り」から、事件が進むほどに笑って見ていられなくなる様相に変わっていく…。その描き方にゾクゾクする。

自らを叩き上げの刑事だと自負している男と、頭脳と科学捜査が解決の決め手だと思っている男。
お互いが反感を抱きつつも相手のやり方を認めていき、1つの視点に辿り着き、追いかけ追いかけ追い詰める…。

その果てにある物に辿り着きたいと、登場人物と同じくらい願いながら見る辛い追跡劇。

画面に釘付けで緊張の頂点に達し、クライマックスでは声を出して泣いた。
自分でも、どうして泣いているのか解らない。
ただ、もうどうしようもなくて。

初見の時もそうだったけれども、今回も同じところで泣いた。

私にとっては、ポン・ジュノ監督の最高傑作だ。
「母なる証明」「グエムル」も好きだけど、これが一番好き。
…好きと言っていいのかな。とにかく凄いと思ってる。

絶望の果てに、それでも正義はある。
その魂は一生捨てられない。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ



本当に自白強要が許せないほど酷いんだけど、それもパクにとっては「正義」のつもりなんだよね。
だって、彼は自分の「目」を信じているから。

「目を見れば解る」
が、口癖だったパクが、その自分の目を信じられなくなる時。

科学捜査で必ず犯人だと立証できると信じていたソ刑事が、信じられない結果におかしくなっていく様。

トンネルの中に消えていく「犯人のはずだった男」を2人とも追えない。

俺はもう、解らなくなった……。

ここで、もう自分でもワケわからないほど泣いた。

結局、犯人は解らないまま、パクは「人間の仕事じゃない」刑事を辞めたらしい。

でも、あの日、自分自身が遺体を見つけた用水路の溝下を覗いてみる。
 

   f:id:nakakuko:20150413005831p:plain


もちろん、何もない。
何もないのだけど…これがきっと、あの「普通の顏をした男」が消えたトンネルに繋がっている。

そのラストシーンに鳥肌が立った。



 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 

にほんブログ村 映画評論・レビュー
殺人の追憶@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★

記事のトラックバックはこちらまで

「映画@見取り八段 トラックバックセンター」http://todays-cinema.seesaa.net