映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『友引忌』ひとりぼっちにしないで…

友引忌 ~NIGHTMARE / 가위

   

 

監督: アン・ビョンギ
出演:  ハ・ジウォン、ユ・ジテ、キム・ギュリ、チェ・ジョンユン、ユ・ジュンサン、チョン・ジュン、チョ・ヘヨン
公開: 2004年7月



公開は去年の夏でしたかね。とっても見たかったのですが、公開劇場が少なすぎ。。。結局行かずに終わってしまったので、思い出して今日借りてきて見ました。

う~ん。。。あまり恐くないかも…


韓国ホラーって、とにかく予告がスゴイですよね。すごい恐そうだもん。

でも、見に行くと、恐い部分は予告が全てだったりする。笑.gif
「箪笥」の時も「コックリさん」の時もだまされたし。


この映画は特に、ラスト近くに


「えっっっ!
ホラーじゃなくて結局サスペンスだったのかよ!」


と言うシーンがあり。。。一緒に見ていた坊ちゃん達も目が点に…


あっ、でも、ホラーでしたよ。いや、ホラーだったらしいです。


悲しいお話でした。今まで見た韓国ホラーは全てそうです。「箪笥」「コックリさん」「ボイス」も。呪いの動機は全て悲しすぎる残酷すぎる事件。

人の心の残酷さと、それを受けた者の悲しさは痛いくらい胸を打つ。

あんな事言わなければ、あんな事をしなければ。。。

スクリーンの中で無惨に殺されていく人たちは呪われて当然の人たちです。

でも、それを呪っている方も実は悲しいんだよね。
やりたくてやっているんじゃない。


韓国ホラーは映像も、また美しいんですよね。

一番美しくて印象に残っているのは「箪笥」かな。


ただね~。。。

中途半端なので、誰にもお薦めできない所が辛い。

適度にグロくて恐い部分があるのでホラー嫌いな方にはお薦めできない。そして、あまり恐くないので、こてこてホラー好きな方にもお薦めできない。

悲しくて綺麗なお話が見たくて、ホラーもどんと来い!な方にお薦めしときます。

 

この記事は2009年3月に楽天ブログからインポートしてきた過去記事です。コメントはお引っ越し出来ましたが、トラックバックは引っ越せませんでした。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

【送料無料】友引忌 [ ハ・ジウォン ]

【送料無料】友引忌 [ ハ・ジウォン ]
価格:3,948円(税込、送料別)

にほんブログ村 映画評論・レビュー
友引忌@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★