映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『ブーリン家の姉妹』ヘンリー8世の王妃たち

ブーリン家の姉妹
~THE OTHER BOLEYN GIRL~

   

 

監督: ジャスティン・チャドウィック
出演: ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、ジム・スタージェス、クリスティン・スコット・トーマス、デヴィッド・モリッシー、ベネディクト・カンバーバッチ、アナ・トレント、エディ・レッドメイン、ジュノー・テンプル、アンドリュー・ガーフィールド、アルフィー・アレン

公開: 2008年10月


ハリウッドの若手2大女優、ナタリー・ポートマンスカーレット・ヨハンソンの夢の共演。

16世紀、17世紀のイギリス・ヨーロッパ史は学生時代から世界史の中で一番好きな所。豪華な宝石や衣装、美しい建築と美術品。

しかし、その美しさの影には権力を欲したい人々のドロドロした争いがある。

女たちは権力闘争の道具にされ、身分の高い男の寵愛を得るために自らを磨き、シナを作る。美しいスカートの下には、より上へのし上がる為の女の武器が隠されているのである。

16世紀のイングランドで、トーマス・ブーリンは、男子を授からない国王のために、美しい娘、アンを差しだそうと画策する。しかし、王の目に止まったのは、控え目で優しい妹メアリーの方だった。美貌に自信があり、上昇志向の高いアンは、この事で妹を憎むようになる。やがて、子供を身籠り寝たきりになったメアリーに興味を失っていった王に、アンは近付いていく。

美しく勝ち気なアン・ブーリンをナタリー・ポートマンが素晴らしい演技で好演。国王の寵愛を得るために画策する姿、追いつめられて鬼のようになっていく姿、どれを取っても素晴らしい。

エリック・バナも、アンに翻弄されていく国王ヘンリー8世の苦悩や喜びを好演。

実は、エリック・バナは大好きな人なので。。。歴史上で最もと言って良いくらい私が嫌悪感をバリバリに抱いていたヘンリー8世をエリックがと、思っていたんだけど。。。エリックだったから、嫌悪感なく見れました。  

 f:id:nakakuko:20150507033832p:plain  f:id:nakakuko:20150507033914p:plain

…っつーか、どこも似てないし面影もないし


仲が良かった姉妹が国王を挟んで愛と権力に翻弄されていく姿は悲しかった。

光と影と、ドレスの緑や赤の映える映像は美しく臨場感たっぷり。この時代に興味が薄い方でも、見る価値がある一本だと思う。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


とにかく、ヘンリー8世と言うのは、サラッと人物の名前と年号しかやらないような学校の世界史の授業で教わっただけでも嫌悪感を抱くようないけ好かない男だった。

何せ、彼が作ったイギリス国教会と言うのは女好きが高じて出来たような物なんだから。

そして、その原因となったのが、このアン・ブーリンなのでございます。

しかし、アンの肖像は、とっても大人しくしとやかな印象。とても、王を翻弄して、こんな大それた事をしでかしそうな女性には見えない。

対してナタリー・ポートマンのアンは、バリバリ権力への階段を邁進する。その姿は自信に溢れ、計算高く、そして美しい。

エリックのヘンリー8世は、メアリーに生い立ちの寂しさを語ったりして、ああ、この人も寂しい人なんだなぁ。。。と思わせてくれた。しかし、女好きな所は史実と変わらず。。。

時代が時代だから仕方ない。
救われなかった姉と救われた妹。

アンの処刑シーンは胸が痛かった。

弟も可哀想すぎる。。。

そして、
私のこどもたちが。。。
と嘆く母の姿も。。。

このお母さんが一番賢く、時代の流れや宮廷の仕組みを解っていたのにね。

田舎で暮らすメアリーの姿を映したラストには救われた。

この天国のような明るい世界を離れて、やがて、アンの遺児であるエリザベスが
再び権力の世界に飲まれる事となる。

イギリスは、その時、黄金時代を迎えるのだ。

・ブーリン家の姉妹 公式HP www.boleyn.jp/


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

 

 


ブーリン家の姉妹@映画生活
★前田有一の超映画批評★