スポンサーリンク

『ゼロ・ダーク・サーティ』「アブ・アフメド」を探せ

ゼロ・ダーク・サーティ

原題 : ~ Zero Dark Thirty ~

作品情報

監督・キャスト

監督: キャスリン・ビグロー
出演: ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガートン、ジェニファー・イーリー、マーク・ストロング、カイル・チャンドラー、エドガー・ラミレス

受賞

第85回 アカデミー賞 音響編集賞
第70回 ゴールデングローブ賞 主演女優賞
などノミネート含め多数。

日本公開日

公開: 2012年2月15日

レビュー

☆☆☆☆

劇場観賞: 2013年2月20日

 

2001年・911テロ事件から、2011年5月1日ウサーマ・ビン・ラディン捕獲、殺害までのCIAの動きを描いた史実を元にした作品。

この捕獲劇の影にいたのは1人の女性分析官だった…。というのももちろん知らなかったし、911以降こんな事が起きていた事も無知であるがゆえに知らなかった。

2時間半越えの上映時間は全く気にならなかった。
とにかく、ずっと眉間にしわ寄せながら見た映画。

あらすじ

9・11テロ後、CIAは巨額の予算をつぎ込みビンラディンを追うが、何の手がかりも得られずにいた。そんな中、CIAのパキスタン支局に若く優秀な女性分析官のマヤが派遣される。マヤはやがて、ビンラディンに繋がると思われるアブ・アフメドという男の存在をつかむが…(映画.comより引用)

 

もうホントに、祈りの姿勢で見た。緊張感がピークに達して突き落されてウルッとする感覚は「ハート・ロッカー」を思い出す。

ビン・ラディンの連絡員「アブ・アフメド」に拘り続け、信念を曲げずに追い続ける様が、何の派手なアクションもなく淡々と描かれ続ける。
特にエンターテイメント性もなく、それでも緊張感が持続する作りが凄い。

「ゼロ・ダーク・サーティ」とは、軍の専門用語で0時30分を意味するそうだ。
特殊部隊が捕獲作戦を開始した時間。

f:id:nakakuko:20150410053918p:plain

軍事にも暗く何の知識もないから、えっ、殺してしまっていいの
とは思った。

普通に考えたら、ビン・ラディンがどんな非道な男だろうと尋問が行われて裁判が行われて…それから断罪だろうと…。それに、本人かどうかも確実ではないし。
この事については、やはり非難の声を上げた国もあるようだけど。

実際にはCIAがあらかじめ入手していたビン・ラディンの妹のDNAとの一致が認められ、本人だという確認はできたということ。

真実は闇の中だけど、とりあえずはアメリカは復讐したという事になるのかな。

しかし、この時、目の前で親が殺されるのを見ている子供たちもいる。
復讐がまた復讐を呼ぶ…そういう結果にならなければいいのだけど。

そういう複雑な気持ちにもなったのは確か。

 


以下ネタバレ感想

 

最初に登場した時は、マヤが「鉄の女」には見えなかった。
華奢だし、拷問の様子には眉をひそめていたようだし。

でも、自分が同じようにやらなくてはならないとなると、ちゃんと適応する。
立ち止まっていては真実は見えないから。

友達はいないというマヤにとって、同僚であり同士であり、たぶん「友達」であったジェシカを失ってから、ますます追い込み方が凄くなってきた気がする。

国や仕事の問題だけではなく、彼女自身の復讐劇になっていく…。

走って走って走りぬいた果てに、この女分析官が何を見たのか…。

f:id:nakakuko:20150410053935p:plain

マヤのラストの涙が理解できる。ずっとずっと走ってきた人間が走り抜いてやっと流せる涙…虚しさと達成感。見ている方も同じ気持ち。

 

ゼロ・ダーク・サーティ@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット

★前田有一の超映画批評★
※ Seesaaのトラックバック機能終了に伴い、トラックバックの受け付けは終了させていただきました。(今後のTBについて)

comment