2006年に見た映画鑑賞記録とベストランキング・洋画

【2006年 映画鑑賞記録と総評】外画部門

cinema

今年も、日本インターネット映画大賞さまから、投票のお誘いをいただいたので、投票と絡めて総括したいと思います。

日本インターネット映画大賞の[作品賞投票ルール]
 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

   —————————————————————–

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(各タイトルはそれぞれのレヴューにリンクしています。)

  「ミュンヘン」         5点
  「ダ・ヴィンチ・コード」    4点
  「ミリオンダラー・ベイビー(ビデオ)」  4点
  「私の頭の中の消しゴム(ビデオ)」    4点
  「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」 3点
  「硫黄島からの手紙」      3点
  
  【コメント】

  今年は海外映画自体、劇場で見た本数がとても少なかったです。
  これぞ。。。!っと言う洋画が無かった気がします。

  「ミュンヘン」は2月に観た作品でしたが、今だに心に残っています。
  後味は大変悪い作品でしたが、実際に起きた悲惨な事件に
   心が揺さぶられずにはいられませんでした。

  「ダ・ヴィンチ・コード」は、賛否両論でしたが、私は賛の方で。。。
   映像もストーリーもスケールの大きい娯楽作品だったと思います。

  「ミリオンダラー・ベイビー」は昨年見逃して、今年DVD鑑賞となりました。
   ボクシングに興味が無かったので見に行かなかったのですが、
   見終わって、大きな人間物語だと言う事が解りました。
   ラストは辛かったです。

  「私の頭の中の消しゴム」も、昨年見逃した映画でした。
   元になったドラマは見ていたのですが、設定はだいぶ違いました。
   ラストを「有り得ない」と取るか「ファンタジー」と取るかで
   評価が分かれる所だと思います。
   私は、受け入れられました。

  「パイレーツ」は。。。期待していたほどでは。。。と言う感じで。
   ジョニーloveの私にとっては、ちょっと不本意でした。

  「硫黄島」は、観てきたばかりなので印象が鮮烈なのもあります。
   まだ公開中なので、ぜひ戦争を知らない世代(私もだけど)に観て頂きたいです。

  その他、今年観た外国映画は2本だけです。
  「ナルニア国」「レディ・イン・ザ・ウォーター」
   どちらも、ちょっと評価できないかなぁ。。。

   
   しかし、ほんと、少ない。。。今年は圧倒的に邦画の方が魅力的でした。
 
  
   —————————————————————–

【監督賞】              作品名
   [クリント・イーストウッド] (「硫黄島からの手紙」)
【コメント】
 アメリカ側である監督が、日本の当時の状態をこのように描く事が
 できた勇気を讃えたいと思います。

【主演男優賞】
   [heart02ジョニー・デップ] (「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」)
【コメント】
 いや。。。他に誰かいますか?だって。。。理由なんて聞かないで。。。
 (ホントは、ここにエリック・バナを持ってきたかったんだけど。ごめんね、エリックasease

【主演女優賞】
   [イ・ジェハン] (「私の頭の中の消しゴム」)
【コメント】
 かわいいっす。無垢な魅力。

【助演男優賞】
   [チョン・ウソン] (「私の頭の中の消しゴム」)
【コメント】
 泣かせてもらいました。

【助演女優賞】
   [ヒラリー・スワンク] (「ミリオンダラー・ベイビー」)
【コメント】
 骨太でタフな女ボクサーをそのまま演じていたと思います。

【新人賞】
 特に思いつきません。

—————————————————————–
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意します。

 

この記事は2009年に楽天ブログからインポートしてきた過去記事です。

 

2006年に見た映画鑑賞記録とベストランキング・邦画
今年も日本インターネット映画大賞さまから、投票のお誘いをいただいたのでランキングと絡めて総括したいと思います…日本映画編
年間ベスト
フォローする
スポンサーリンク
この記事を書いた人

◆ドラマ・映画 エンタメ系ライター&ブロガー。◆ハウツーサイトや今は無き〇クルート・キュレーションサイトで映画紹介のライターしておりました。(お仕事はいつでも有り難くお受けします)

◆映画の評点はあくまでも私感です。(平均が2.5で1と5は滅多に付けていません)◆戦争とホロコーストテーマの作品観賞がライフワーク。

◆レビューは上半部はネタバレなし感想、下部は観了した方と感想を共有できるように書いています。(古い記事は簡単感想です。時間のある時にリライトしています)

フォローする
映画@見取り八段

comment