映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『BECK』「奇跡の歌声」は見て感じる

BECK    

監督: 堤幸彦   
出演: 水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、中村蒼、向井理、忽那汐里、松下由樹 、カンニング竹山、倉内沙莉、桜田通、水上剣星、古川雄大、三浦涼介、中村獅童、川野直輝、高橋努、竹中直人、もたいまさこ

公開: 2010年9月



        




劇場鑑賞です。感想をおさぼりしていたのを今頃UP。(この記事は2011年11月に思い出し書きしています。)

この記事を書いている2011年11月に地上波で放映されるというので、慌てて感想アップ。1年は早い・・・

ハロルド作石氏の同名コミックが原作。原作は未読です。つれ友が言うには、かなり原作には忠実なのだそう。

この手のバンド青春映画っぽい物は、本来はわざわざ劇場まで見に行かない方。たとえ、水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、中村蒼、向井理という大好きなイケメンたちが揃っていたとしても…

だから惹かれたのは、堤監督だからです。堤監督なりの青春映画という物を見てみたかった。

青春、爆発って感じですね。

エピソードは、色々と…まぁ有りがちで、あ~漫画なんだな…と思いました。

見終わった後は、スッキリ爽快感
堤さんの作品だ、という感じは特になかったかな。言われなければ解らなかったかも。

でも、好きですよ。こういう、何かに向かって盛り上がって行く感じ。

最後のライブは爽快だった。

のナイーブな空気と、桐谷くんのラップ(すごすぎ)、何気にカッコいい中村蒼くん。みんな、みんな大好きさっっ!と、改めて思った。キャラそれぞれがとっても魅力的でした。楽しかった

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


「神の歌声」は、全て映像で処理され、音は一切なし。

でも、私は好きだったよ。あの表現。
どんな有名歌手の歌声を当てたって、たぶん原作ファンが満足できる物にはならなかっただろうし・・・堤さん、やったな。と思った

あの流れるような映像も好き。健の表情も好き。

実際には、原作者から歌を入れないようにと希望があったという話。
まぁ、当然だと思う。

この映画の事で、自分的に一番記憶に残っているのは、映画公開中の水嶋ヒロ引退騒動さ・・・

この時まで、私は確かに水嶋ヒロという人が好きだったので、騒動の前に劇場で見ておいて良かった、と心から思った。たぶん、騒動の後だったら、テンションだだ下がりだったと思う

あれ、せめて公開期間過ぎてから言い出せなかったのかね…私みたいな人で、見に行くの止めた人もたぶんいると思うよ。そういう意味でも、あの人には本当にガッカリしてしまった

あ、でも逆に話題に乗って見に行った人もいるのかな。実際、現在に至るまで、これが最後の俳優活動だし。

なんだかね~・・・あらら、映画の感想じゃなくなっちゃった

・「BECK」公式サイト


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】BECK

【送料無料】BECK
価格:3,308円(税込、送料別)

 

【送料無料】BECK Official Guide

【送料無料】BECK Official Guide
価格:1,680円(税込、送料別)

 


BECK@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★