スポンサーリンク

『告白』悪夢の教室

告白

監督: 中島哲也   
出演: 松たか子、岡田将生、木村佳乃、橋本愛、西井幸人、藤原薫、三吉彩花、芦田愛菜、山口馬木也、新井浩文、金井勇太、能年玲奈
公開: 2010年6月

   
第34回日本アカデミー賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀編集賞受賞

中島哲也監督は、日本が世界に誇って良い監督だと思う。

POPでダイナミックな色調。
音に乗った躍動感溢れる動き。
目をそらす間がない緊張感。
痛々しい剥き出しの人間の心。

その世界は・・・狂ってる。悪夢の小部屋のようだ。

今回の作品でまず違和感を抱いたのは、
「下妻」「松子」「パコ」で散々魅了された
あのカラフルな色彩が無い事。

色彩はモノに近い。
霧の中のような青みがかったモノの世界。

その中で、時折入る花や夕日や・・・そして血の鮮烈な赤のコントラスト。
色が薄いからこそ記憶に焼き付く。

2時間、止まらない悪夢を見続けた。

人は本当に大切な物を失わなければ、その大切さが解らない。

「命」の重さ、母という物、青少年の闇、少年法・・・
現在、数々のドラマで語られているそのテーマの全てがこの映画の中にある。

派手な色調でも、抑えた色調でも中島哲也監督の世界は、やっぱり悪夢のようだった。

飲み込まれる・・・

すごい物を見てしまった。と思った。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 

    ブログランキング・にほんブログ村へ

先生は聞いたことがありますか?大切な物が消える音。

ぱちん。。。

少年法に守られた犯人に罰を与えるならば、
命の重さが解らない者に罰を与えるならば、

相手の一番大切な物を奪わなくてはならない。

手は弛めない。
とことんやる。

今まで見たどんな復讐劇よりもゾッとした。
ゾッとして。。。そして痛々しくて、泣ける。

ここまでしないと、その重みが解らない子供。
その幼さに泣ける。

エンドロールに流された光差す空を見ながら
本当にいつの間にか泣いてた。

家に帰った今も、何か突き刺さった物が取れない感じ。

松たか子のラストの表情が凄すぎて。。。
本当に素晴らしい女優さんだと思う。

そして。。。素晴らしい教師だと思う。

ここから、あなたの本当の更正が始まるのです。

奪われた者が奪った者に対して流す涙。

復讐は、本当に完成されたのだろうか。

・告白 公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

告白

告白

価格:650円(税込、送料別)

 

【送料無料】告白 特別価格版

【送料無料】告白 特別価格版
価格:2,646円(税込、送料別)


にほんブログ村 映画評論・レビュー
告白@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★

comment

  1. sannkeneko より:

    SECRET: 0
    PASS: 15a391ef3360c75405dc695b8941e08a
    エンドロールを見ながら放心してしまったのは初めてです。
    松さんは新境地を開きましたね。

  2. シムウナ より:

    SECRET: 0
    PASS: 7ff9123d6f55dc7c6f6908dc84712932
    TB有難うございました。
    今年度の邦画の中では1,2位を争うほどの
    満足度でした。単純に面白いと一言で
    終わらせてはいけないほどの衝撃がありました。
    復讐を達成するため、善人でいるのか、自らも
    悪人となるのかその境界線を彷徨う松たか子の
    演技にも魅了されました。
    今度、訪れた際には、
    【評価ポイント】~と
    ブログの記事の最後に、☆5つがあり
    クリックすることで5段階評価ができます。
    もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

  3. みすず より:

    SECRET: 0
    PASS: 4e40beaf133b47b8b0020881b20ad713
    凄い映画でしたねー(>_<)
    鳥肌立ちました!
    松たか子って凄いってわたしも思いましたよ。
    子役も凄かった!
    迫真の演技でしたね^^

  4. より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ようやく見てきました。
    くうさんの記事がきっかけで、見に行く決心をさせて頂き、
    見に行ってほんとーに良かった!、って感じです。
    決して後味のいい内容ではないけれど、すごくひき込まれてしまいました。
    今でも思い出すと、「すげーー!こえぇーーー!!」
    って感じです。
    松さんが道路で崩れ泣く姿が印象的でした。
    母親としての、それだけの想い・・・すごく伝わってきました。

  5. ikasama4 より:

    SECRET: 0
    PASS: aaca2594cc537c9273395c0236d5cd14
    強烈でしたねぇ。
    百聞は一見に如かず
    一通り内容を知っていても
    この映像のインパクトに勝るものはないですね。
    この作品での松さんの演技は
    正に圧巻の一言に尽きます。
    何をもってこれが悪いとするのか
    命の重さとはどういう事なのか
    それが先生の手本としての行為なのか
    娘を殺された母親としての復讐なのか
    そのどちらにも見てとれるのが
    この作品の奥深いところですね ̄▽ ̄

  6. junjunf より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    本当に凄まじいパワーを持った映画でした。
    映画観てこんなにぞくっとしたのは久しぶりです。
    もう一回観たい気もするけど、怖い気もする……どうしよう。。。
    くうさんは中島監督の大ファンなのですね~
    私は監督さんが誰かはあんまり気にしないで観ちゃうことが多いのですが、これからは「注目しよう!」と思わせられましたわ。
    犯人役の子の情報、ありがとうございました。
    あんまりすごいので、どっかで必ず見たことある子に違いない、とずっと考えちゃってたんですよね。
    いや、私も若い子の区別がなかなかつかないので~~~(^^;)
    確かにHey!Say!の山田くんにも見えるし、年は違うのに「とめはねっ!」の池松くんみたいだな~とか、、、
    あれで役者経験ほとんどなしですか。
    今後、彼の役者としての成長ぶりも楽しみにしたいです~

  7. ノラネコ より:

    SECRET: 0
    PASS: 1d227402d343f1e66ff53a303d6697f6
    いやあ本当に凄い、圧倒的に面白い作品でした。
    つくりとしては相当にあざといですけど、ここまでのクオリティで作られたら納得せざるをえないです。
    中島哲也作品では一番好きです。

  8. みのむし より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ここ最近のほうがの中で一番面白かったですわ。
    本当にここまでしないと・・ですねぇ。
    あの最後の松さんの一言と目の力と涙
    もうそこがすべてを物語ってる感じでしたね。
    いい映画だと思いました。

  9. くろねこ より:

    SECRET: 0
    PASS: 71358382e1d9865beb99e2eb8ac10587
    ほんとに「ここまでしないと解らないのか・・」ですよね-。
    とはいえ彼らに一体どんな思いが伝わったというんでしょうかね–[絵文字:v-406]
    –復讐は、本当に完成されたのだろうか–
     私は先生の涙にその答を見た気がしました–!
    悪意の連鎖が生むこの壮絶な結末に・・心が凍りましたね。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まるでHIVウィルスに感染して、潜伏期間を経て発症したかのような映画でしたね。
    子供にとっては大切なものが壊れる音は「ぱちん」でも、大人は「どっか~ん」。
    この違いが恐ろしく感じましたよ。

  11. BROOK より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    心がチリチリと焼きつく、そんな作品でした。
    観ているのが“不快”になりつつも、
    そこから目を反らすことが出来ませんでした♪
    それだけ、虜になっていたのだと思います。
    たしかに松さんの演技が素晴らしかったですよね。
    新境地を開拓したような感じで・・・
    彼女の復讐は果たして完遂されたのでしょうか・・・
    観客に答えが委ねられたのだと感じました。

  12. KLY より:

    SECRET: 0
    PASS: e77249bcf0858aa3d0601d80bbca072e
    凄い作品だったなぁって。これだけ人間の心の闇、負の感情を描き出した邦画って観たこと無いです。まるでパク・チャヌク監督らが得意とする韓流の流れのようにすら思いました。
    しかし韓流が人間臭いのに対して、中島監督は徹底して人間の負の感情だけに純化したようにすら感じます。だから余計怖かったです。