スポンサーリンク

【呪怨 白い老女】俊雄くんはゲスト出演です

呪怨 白い老女

  

監督: 三宅隆太
監修: 清水崇  
出演: 南明奈、鈴木裕樹、みひろ、宮川一朗太、福永マリカ、中村愛美、ムロツヨシ

公開: 2009年6月

私が知らない間に公開されて知らない間に終わっていた「呪怨/白い老女」をやっとDVDレンタルしてきました。

アッキーナな「呪怨」に出たらしいよ。
と友達に聞いた時にはすでに終わっていた。。。公開劇場少なすぎ

清水崇・原案、監修って何やねん。何で監督じゃないのさ。。。もしかしたら見に行っていたら地雷を踏んでたのか~

と、思ってたら。。。

こえ~~~じゃないですかっっ!!

しっかり「呪怨」でした。

時間軸の異なるオムニバス形式の作りも同じ。

でも。。。家は変わってた気がする。
あんなに広くなかったよね~。
場所も変わっていたような。。。

その辺はよく解らない。
でも、俊雄くんが何らかの関わりがありそうな感じ…っていう事は、やっぱりあの家が関わっているんだよね。

ちなみにカーヤは出てきません。
俊雄くんはゲスト出演程度に出てきます。

白塗りの老婆はハッキリ言って、そんなに恐くはないです。
どっちかっつーと笑えるかも知れない。

「呪怨」の恐さは白塗りの子供や白塗りの老婆じゃないんだよね。

繰り返しの恐怖。。。

あの無機的な繰り返しの不気味さが残るのよ。

この「白い老女」でも、しっかり味わえます。

ほら、今だって後ろにあれがいて、あの言葉を繰り返している気がする。。。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 

    ブログランキング・にほんブログ村へ

 

はぁい。今ちょっと手が離せなくて。
すぐ行きますからぁ。

あの妙に明るい声で、同じ言葉と行動を繰り返す主婦が一番恐い~。

犯人の男の「今行きますから」よりも、よほど恐い。

あの女の人は、あの家の中で、ずっとあれを繰り返しているんだよ。
たぶん。。。。

時間の狂った家。
時間に捕らわれた呪い。
それが「呪怨」

今回、ちょっと甘いんじゃない~
と思ったのは、あかねが生き残った事。

アッキーナだから遠慮したのか

呪いに触れた者は全てやるのが「呪怨」のルールのはずだよね。

もっとも、続編があれば真っ先にやられるのは、あかねとあの刑事2人のはず。。。

まぁ、続編があるかどうか解らないけどね~。。。

「黒い少女」も一気に見ようと思ってたのに、無かったぞ。GEO。
去年は確かに2本並んでいたはずなので、どこか別の棚に移動してたんだろうか。。。

そっちの方が恐くないって噂だけど。。。ここまで見たら、一応見てみたい~
関連はあるらしいし。

・呪怨 白い老女 公式サイト

【関連記事】
「呪怨」感想
「呪怨2」感想

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

【楽天ブックスならいつでも送料無料】呪怨 白い老女 [ 南明奈 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】呪怨 白い老女 [ 南明奈 ]
価格:4,131円(税込、送料込)


にほんブログ村 映画評論・レビュー
呪怨 白い老女@ぴあ映画生活トラックバック
★前田有一の超映画批評★

comment