スポンサーリンク

2009年度【日本インターネット映画大賞】日本映画部門 総評とランキング

「日本インターネット映画大賞」さま2009年度宛の投票記事です。

2008年度分は、明日書こう明日書こうと思っている内に 締め切りが過ぎてしまい、ついに投票できなかったので~ (すいませ~ん。) 今年は真面目に早くやろう。。。と。。。。

 

2009年は、年内日本公開の邦画を37本、2008年以前に公開の邦画を DVD、CS 鑑賞で5本。計42本鑑賞しました。 投票は、2009年公開分37本の中から選ばせて頂きます。

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

作品賞投票ルール(抄)  

・選出作品は5本以上10本まで  

・持ち点合計は30点  

・1作品に投票できる最大は10点まで

—————————————————————–

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)  

 「沈まぬ太陽」      7点   

「ディア・ドクター」   6点   

「サマーウォーズ」    5点   

「重力ピエロ」      4点   

「誰も守ってくれない」  3点   

「南極料理人」      3点   

「20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗」  2点

 

   

【コメント】  

毎年、邦画の方が見る本数が圧倒的に多く、今年もそうなったのですが、昨年に比べて心に残る物が 少なかった気がします。上3本は早くから決定していたのですが、  後はちょっと考えてしまいました  

 

邦画にとっては、イマイチ感の拭えない年だったなぁ、と。。。   

—————————————————————–

【監督賞】          

作品名    [西川美和]    (「ディア・ドクター」

   

【主演男優賞】    [渡辺謙 ]    (「沈まぬ太陽」

【主演女優賞】    [該当無し] (「        」)

【助演男優賞】    [香川照之] (「ディア・ドクター」「劔岳 点の記」「20世紀少年」「カイジ」)

【助演女優賞】    [中谷美紀] (「ゼロの焦点」)

【新人賞】    [岡田将生] (「重力ピエロ」)

【音楽賞】   「沈まぬ太陽」

【ブラックラズベリー賞】   「戦慄迷宮3D」

【コメント】   3D映画が割り引き対象外だった時期の上映だったので。。。高いから憎さも倍増~

—————————————————————-

 

【勝手に。。。ドラマの最終回でも良いで賞】   

「ROOKIES -卒業-」   

「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」

 

【コメント】 感動の2本

—————————————————————–  

この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

comment

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >部門賞は迷わないでアッサリ決まるのに。
    そうなんですよね!
    点数をつけるのと5本選ぶのに苦労しちゃう^^;
    部門もね、今回主演女優を考えちゃって。。。
    よく考えたら女性が主役の物をほとんど見てないかも~^^;
    「ヴィヨン」の松たか子を入れようと思っていたのに、
    白紙で出してしまいました。
    これって後から変えちゃダメなんですよね^^;
    >「ゼロの焦点」は見たかったんですよね~。
    木村多江さんは、あまり出番がないと言うか。。。
    見せ場は一箇所って感じです。
    これは、私的には、お金払って見なくても良かった^^;
    DVDで充分ですよ。
    ドラマで良かったのにと思っちゃったくらいでした^^;

  2. sannkeneko より:

    SECRET: 0
    PASS: 15a391ef3360c75405dc695b8941e08a
    作品賞で(5本以上10本まで)と言われると悩みますよね。
    部門賞は迷わないでアッサリ決まるのに。
    「ゼロの焦点」は見たかったんですよね~。
    主役はどうでもいいんですが、
    何と言っても中谷美紀と木村多江だし。