『俺は、君のためにこそ死ににいく』美しか?・・・・・・

俺は、君のためにこそ死ににいく

   

監督: 新城卓   
出演: 岸惠子、中越典子、筒井道隆、徳重聡、窪塚洋介、前川泰之、中村友也、多部未華子、渡辺大、宮下裕治、木村昇、中原丈雄、遠藤憲一、勝野洋、的場浩司、伊武雅刀、石橋蓮司、桜井幸子、寺田農、戸田菜穂、江守徹、宮崎美子、長門裕之

公開: 2007年5月

【寸評】
実は、色々いっぱい書いたんですが。。。データ調べのために「映画生活」を見たら、何やコメント欄が、こわっっっ。。

この映画の原作の人庇護なのか何か解んないけど、色々読んでたら、この映画の批判には何か寄ってくるんだと解った。笑.gif (だから戦争ものは恐いんだ)

一応、ひと言だけ。
戦争映画は昔からいっぱい見ているけれども、こういうのが一番●●~…!
戦争を知らない世代にこういうのを見せたら●●でしょ。
ま、もちろん自分も知らない世代だけどさ。
だけど、こういうのは●●●。。。。。汗.gif

 

それが国のため家族のため恋人のためと信じて特攻に行かれた方々には心から敬意と追悼の意を表したい。その事自体は日本人が知っておかなければならない歴史ですよ。

しかし、それを美化したらいかんでしょう…。

戦争映画は他にいっぱいあるので、他を見ましょう。

※2007年後半はパソコン不調もあって楽天ブログの方をおさぼりしていたので、メモ書き程度の覚書きです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

俺は、君のためにこそ死ににいく@映画生活トラックバック
・象のロケット トラックバック

 

コメント