『ディア・ドクター』その嘘は、罪ですか。

ディア・ドクター

  

監督:  西川美和
出演:  笑福亭鶴瓶、瑛太、余貴美子、八千草薫、香川照之、井川遥、松重豊、岩松了、笹野高史、キムラ緑子、滝沢涼子、森康子、市川千恵子、奥野匡、高橋昌也、中村勘三郎、飯沼慧
     
公開: 2009年6月

第33回日本アカデミー賞 最優秀脚本賞、最優秀助演女優賞(余貴美子)受賞

この村に医者はひとりもいない。
ひとつの「嘘」
ずっと言えずにいた、もうひとつの嘘。
山あいの村で起きた失踪事件。

その嘘は、罪ですか。

「ゆれる」の西川美和監督最新作。

余計な音楽がない。

風に揺れる稲穂の音や、木のざわめきや皮の音や伊野先生のバイクの音や・・・

そういう自然な音が、自然な風景の中で生かされている。

出演者もそういう自然の中で普通に生きていた。

無医村だった村で、無くてはならない存在になった伊野と彼を支える看護婦と研修のために村に来たボンボン。

村の人にとって、彼らはどういう存在なのだろう。

伊野にとって、村人たちはどういう存在だったのだろう。

高齢者だらけの村に必要な医者とはどういう存在なのか。

伊野先生の存在意義を考えてしまった。

「ゆれる」と同じように

観る人によって、どんな風にも捉えられる展開と結末が待っている。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 

    ブログランキング・にほんブログ村へ

いいんですか?
訴えられるのは私の方だと思うんですけど。

と、鳥飼りつ子は、刑事にいう。

刑事は村人にも看護士の大竹にも研修医の相馬にも製薬会社の斎門にも事情を聞くが、みんなが伊野の事をほとんど知らずにいた。

刑事に返す曖昧な返答。
詐欺に掛かったと怒っている人はいない。みんな「気付かなかった」と軽くいう。

でも

ケガで診療所に運ばれてきた患者が気胸を起こして処置しなければならなくなった時、どういう症状なのか、どうすれば良いのか、何を使うのか。。。

誘うように、操るように、言葉を続ける大竹さんが恐かった。

あの時、思ったの。

村が必要としているのは伊野の「存在」で、詐欺だと思っていた伊野の方こそ操られていたのでは、と。

飛んでくるボールを打ち返し続けてきた。

と相馬にいう伊野。

かづ子に村で死んで欲しかった伊野。

あの人だったら、母をどういう風に死なせたんでしょう?

りつ子の言葉は、とても重い。

村で死にかけた老人を蘇生しようとした時、家族は伊野を見ながら首を横に振る。

老人だらけのこの村で、村人は誰も延命措置など望んではいない。 だからこそ、伊野は知識が薄くても、やって来れたのだろう。

もしも、都会の病院に入ったら、たくさんの管に繋がれ、機械に監視され、生かされ続けるだろう。

たぶん、かづ子も。

大昔は、医者なんて免除はなくて、たぶん、おまじないや薬草を施してくれる「特別な存在」の人がいて、その人が診てくれると何故か身体の具合が良くなって。。。

伊野は村にとって、そういう「特別な存在」になったのだ。

資格なんてあろうがあるまいが村人は伊野が必要だったのだ。

。。。だから、多くの人が気付いてはいたのかも知れない。

あのお祖父ちゃんの家族も。

あの駅で、伊野を追う刑事たちと、電車が通り過ぎるまでに 何が起きたか。考える。 刑事は本当に、側にいた男が伊野だと気付かなかったのか。

刑事もまた考えたはずだから。医師のいない村と、「医師」の存在理由について。

 

ラスト、伊野とかづ子の笑顔に救われる。

・ディア・ドクター 公式HP www.deardoctor.jp/

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

【送料無料】ディア・ドクター [ 笑福亭鶴瓶 ]

【送料無料】ディア・ドクター [ 笑福亭鶴瓶 ]
価格:3,192円(税込、送料別)

 

 

にほんブログ村 映画評論・レビュー

ディア・ドクター@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★

コメント

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >気胸の患者さんのシーンの余貴美子さんの演技は素晴らしかったと思います。いい女優さんだなぁ。
    あの緊張感はただ者じゃないですよね。
    彼女は伊野の事を全て解っていて、操っていたのだと
    あの時に思いました。
    余さん、2年連続で日アカ助演女優賞を取られましたね^^
    大好きな女優さんなので嬉しいです♪
    > 香川照之さんと刑事とのやりとりで、香川さんがわざと倒れるシーン・・
    香川さんも助演男優賞^^
    最優秀作品賞も取って欲しかったなぁ。
    素晴らしい役者さんが揃った素晴らしい脚本の作品でした。
    また西川監督の作品が見たいです^^

  2. ひきばっち より:

    SECRET: 0
    PASS: c05a603969f6d24aa95e6a348ce22aad
    むずかしいことはよくわかりませんが、とてもいい映画だなぁと思いました。
    気胸の患者さんのシーンの余貴美子さんの演技は素晴らしかったと思います。いい女優さんだなぁ。
    香川照之さんと刑事とのやりとりで、香川さんがわざと倒れるシーン・・泣けました・・「あなた、今、私を愛しました?愛してないでしょ?そういう感じってあるとおもうんだけどなぁ・・」いいシーンでした・・。

  3. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >私は村人たちは彼が本物の医者じゃないと
    知ってて首を横に振って
    いいですよ。無理しなくても・・という意味だと思ってました。
    あ~。。。なるほど。。。
    もしかしたら、そうかも知れない^^;
    西川監督の作品は色々と解釈できるから、何が
    本当かは解らないですよね(^・^)
    でも、私もね、村人はみんな知っていたと思いますよ。
    刑事に真実を聞かされた時の村人の様子は、
    すっとぼけた感じだったもんね~[絵文字:i-229]
    >でもなんで八千草さんは警察に
    自分が頼んだってことを言わなかったのかなぁ?
    言ったのかも知れないし。。。
    それでも伊野が詐欺罪である事は変わらないもんね。
    でも、これは「良い嘘」だよね。
    少なくとも私はそう思った♪

  4. みのむし より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なるほど・・・そういうことだったんですね。
    無理するなという意味ではなくて、
    延命措置はいらないよという意味だったんですね。
    私は村人たちは彼が本物の医者じゃないと
    知ってて首を横に振って
    いいですよ。無理しなくても・・という意味だと
    思ってました。
    最後のつるべさんと八千草さんの笑顔
    よかったですね。
    でもなんで八千草さんは警察に
    自分が頼んだってことを言わなかったのかなぁ?
    ってそこは謎のままです。

  5. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    うんうん♪あのキャスティングは凄い。
    伊野は鶴瓶しか考えられないし、瑛太も良かったし、
    何よりも余さん以外の大竹さんが考えられない~。
    >重たいテーマをあっけらかんと描く西川監督のテイストって好きですわ~
    軽く描いているようで、また実は心にドッシリ
    残る物があるんだよね。
    次回作も待ち遠しいね♪

  6. きこり より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おもしろかったわ~
    本当に、見る人によっていろんな切り取り方のできる映画だと思うわ。
    脚本とキャスティングがぴったりと合っていたよね。
    >刑事は本当に、側にいた男が伊野だと気付かなかったのか。
    よそ者として伊野という男を追ってきた重松さんが一番冷静にあの村の状況を見られたんでしょうね・・・
    伊野を見逃したかどうか・・・見た人の判断にまかせたのも良かった。
    重たいテーマをあっけらかんと描く西川監督のテイストって好きですわ~

  7. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >医者の数は増えても僻地に回ってくる人は増えないのよね。
    そうなんですよね~。。。
    充分な医療機器もないし、出来る事は限られている。
    神様のように扱われる反面、何か失敗があったら村八分でしょうし。。。
    行きたい人は少ないでしょうね(-_-;)
    しかし、今回は給料が凄い事が分かって、ちょっとビックリしたわ。
    >西川監督の著書「きのうの神さま」も良かったですよ!
    感想を拝見しましたわ^^
    コメント残せずゴメンなさいね。
    会社の休み時間に携帯から見てたもんで(^^;ゞ
    私も読みたくなりました。
    少しは本も読まなくちゃね(*^^*)ゞ

  8. ミチ より:

    SECRET: 0
    PASS: 7f9a490eead1aa62fbe6f0593c503cb0
    西川監督はまたまた難しい問題を提示してきましたねぇ。
    >資格なんてあろうがあるまいが村人は伊野が必要だったのだ。
    そうなんですよね。
    だから困っちゃう。
    医者の数は増えても僻地に回ってくる人は増えないのよね。
    西川監督の著書「きのうの神さま」も良かったですよ!
    伊野のバックボーンが分かる感じで、一層伊野に感情移入しちゃいました。

  9. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >「医者」って何なんだろうって思ってしまいますね。
    そうなんですよね。
    資格を持っていて病気を治すのが医者であることは当然だし、
    伊野の行為は詐欺である事も明白なんだけど、結局は
    誰もそんな風に思っていないし。。。って言うか、村ぐるみで
    伊野に芝居をさせていたようにさえも感じられます。
    そして、村の人たちは、それで良かったわけです。
    何とも複雑な気持ちになりますよね。。。
    私は刑事はあの男が伊野だと当然気付いていると思うんです。
    でも、逃がしてやった(?_?)
    あるいは、かづ子に会ったら警察に来いみたいな会話が
    あったとか。。。
    そんな想像をしてしまいました。

  10. ikasama4 より:

    SECRET: 0
    PASS: aaca2594cc537c9273395c0236d5cd14
    最初はあの「伊野でございます」って
    いう温和な雰囲気ではいってきたのと
    なんとなく「医者」の正体っていうのも
    わかっていたので
    「伊野」=悪い事をしてる人
    みたいな予想をしてたりしたんですが
    見ていくうちに
    「伊野」=悪い事をしてる人?
    になり
    最後には
    『その「嘘」は罪ですか?』と自分に問いかけてました。
    そうなってくると
    「医者」って何なんだろうって思ってしまいますね。
    >刑事は本当に、側にいた男が伊野だと気付かなかったのか。
    あれはスゴク気になります。
    そう考えてしまうとちょっぴり切なくなるラストですね ̄▽ ̄

  11. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >そういう「特別な存在」にさせられてしまったように思いました。
    そうですね~。そう思いましたわ。
    あの、気胸の措置を見た時。。。
    あ、やらされてる、って思ったんです。
    大竹さんも大きな責任を背負って大変な3年間だったでしょうね^^;
    余さんは、ほんと、何に出てらしても素晴らしいです♪
    ほんとだ~!
    トラバ来てますよ~♪やった~♪
    でも、FC2からは今日もダメぽいです(; ;)
    FC2は他にも飛ばないところが多くて困っちゃいます(-_-;)

  12. KLY より:

    SECRET: 0
    PASS: e77249bcf0858aa3d0601d80bbca072e
    >伊野は村にとって、そういう「特別な存在」になったのだ。
    というより、そういう「特別な存在」にさせられてしまったように思いました。
    伊野自身が望むと望まざるとに係わらず。村長の「伊野先生が神様なんです。」って言葉と、松重さんの刑事が言った「あんたたちがそう仕立て上げたんじゃないのか?」って言葉が印象的でした。
    ところで余貴美子さんの熱演がほんと光ってました。名バイプレイヤーですね。^^
    ps
    FC2さんにTBを飛ばせるようになりました^^ ココログとFC2のサポートの間を行ったり来たりしてやっとですよ~。(苦笑)