【トンマッコルへようこそ】争いとは無縁の魔法の村

トンマッコルへようこそ
~Welcome to Dongmakgol~

  

監督: パク・クァンヒョン
出演: シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン、スティーブ・テシュラー
公開: 2006年10月

ファンタジー感覚タップリでありながら、戦争という物、争いという物の虚しさ、その情けなさをイヤというほど考えさせられる。

いや、ファンタジーのような空気でいっぱいだからこそ、現実の残酷さが浮き彫りになって、そのギャップが余計に悲しみを呼ぶのだろう。

※この感想にはネタバレを含みます。

朝鮮戦争の中、韓国軍の2人と人民軍の3人、そしてアメリカ兵のスミスは「トンマッコル」という村に辿り着く。

そこは戦争も兵器も無縁の不思議な村。

住んでいる人たちは、みんな笑顔。何かに守られているかのように平和に溢れていた。

村に受け入れられた6人は、次第に敵対心も忘れ、環境に馴染み、村人と家族のように過ごすようになる。

しかし、戦争の手は、このトンマッコルにも伸びてくるのだった。

あのヨイルが居なくなった時から。。。
彼らの中で「戦う」事が「守る」事に変わる。

愛するトンマッコルを守るために。
彼らは最後の時を迎えるのだ。

あなたは怒鳴ることもなく、村人を上手く統制している。
その偉大なお力はどうやって?

人民軍の中隊長が、トンマッコルの村長に尋ねるシーン。

たくさん食わせる事だ。

村長は答える。

人を統率するのは武力でも抑圧でもなくて、そんな簡単な事なんだよ。

クライマックスはただ呆然とし。。。
悔しさと悲しさで自然と涙が溢れた後には虚しさが残る。

この人たちに、あの夢のような時間を返して欲しい。

戦争なんて、こんな物。
何も生まず、全て奪っていく物。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

 

トンマッコルへようこそ (初回)

トンマッコルへようこそ (初回)
価格:3,488円(税込、送料別)

トンマッコルへようこそ@映画生活トラックバック
象のロケット

コメント