スポンサーリンク
★★★★

『グリーンブック』ブラック手帳の意味を知る

しかし、ドクター・シャーリーは大統領に招かれたことがある有名音楽家である。『ヘルプ』や『ドリーム』では登場する黒人女性は市井の人だった。けれども、今回は有名音楽家なのだ。それでも、白い上流社会の人々は穏やかで上品な笑顔で人種差別をなさる…
★★★★

『金子文子と朴烈  植民地からのアナキスト』虐殺事件のその後

今、この時、日本人としてはとても複雑な気分になることしきりだけれども、関東大震災と虐殺事件という史実をかじると同時に見るべきはパワフルな愛と信念の形。とにかく「出会っちゃった2人」の描写が情熱的で可愛くて切なくて……
★★★★

『ファースト・マン』止まないラ・ラ・ランド

確かに「お仕事物語」であり、偉業を成し遂げた男の物語である。確かにこの映画の予告は、そんなふうにバリバリの使命感で溢れている。けれども、そこじゃないの。この映画の予告から「それ」が綺麗に取り除かれていることに驚く…
★★★

『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』大切で完璧な我が子

『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』は、実在するLGBTのための支援プログラム「サタデー・チャーチ(土曜教会)」を題材にしたミュージカル…ネタバレ感想とキャスト、批評・あらすじ。レビューは別枠…
★★★

『七つの会議』7つとは何なのかという話

映画『七つの会議』のあらすじ・レビュー・原作比較です。記事後半はネタバレ感想を記載しています…東山紀之主演のNHKドラマ版感想リンクも。監督: 福澤克雄 キャスト: 野村萬斎、香川照之、及川光博、片岡愛之助…
★★★

『十二人の死にたい子どもたち』13人いる!の結末

「思ってたのと違ってた」という感想をあちこちで目にしたのだけど、確かに思ってたのと違う(笑)若手の素晴らしいキャスト群が全てを救った1本。ホラーではないので、ホラーが苦手で見られないと思ってる方は安心して観に行くといいと思います…
★★★

『がっこうぐらし!』実写版学園生活部

実写版『がっこうぐらし!』のあらすじ・レビュー・考察など。後半のネタバレ欄は感想を共有できるように…秋元康プロデュースの「ラストアイドル」がゾンビと…キャスト: 阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央…
★★★

『マスカレード・ホテル』「さん」ではなく「さんま」です

東野圭吾原作の映画『マスカレード・ホテル』あらすじ・レビューなど。後半のネタバレ欄は感想を共有できるように…話題になった「さんまを探せ」はラスト… キャスト: 木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、前田敦子…
映画館

映画館「TOHOシネマズ シャンテ」見やすい座席や簡単な行き方

最寄駅、降り口、間違えない行き方、座席表など、自分自身のための覚書き。おすすめといってもそれぞれの視力や…TOHOシネマズ シャンテは東京都千代田区有楽町にある東宝の劇場。最寄駅は東京メトロ(地下鉄)日比谷駅またはJR・有楽町駅。出口は…
映画館

映画館「新宿武蔵野館」見やすい座席やアクセス

映画館への行き方、最寄駅、降り口、座席表など、自分自身のための覚書き。おすすめといってもそれぞれの視力や…新宿武蔵野館は東京都新宿区新宿にある名画を取り揃えた小劇場。最寄駅はJR新宿駅・東京メトロ(地下鉄)新宿あるいは新宿三丁目駅。出口はA…
★★★

『この道』この道はどの道でもいい

北原白秋は明治生まれの詩人。生まれは福岡県柳川市だが、19の時に早稲田大学へ入るため上京し、実家の親も呼んで長く東京に暮らしている。作中では独り暮らしのようになっていたけれども、隣の人妻とあんなことになっていた時期は原宿で両親と…
年間ベスト

2018年に見た日本公開映画を全部ベストランキングしてみた

邦画も洋画も韓国映画もゴタ混ぜランキングで…順位はあくまでも個人の感想です…「映画@見取り八段」では「2018年に見た日本公開映画を全部ベストランキングしてみた」のレビュー・批評・あらすじ・キャストなどの情報をお届けし…