読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『マネーモンスター』エンターテイメントの価値

マネーモンスター
~ Money Monster ~

  f:id:nakakuko:20160611191750p:plain

監督: ジョディ・フォスター
キャスト: ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、ジャック・オコンネル、ドミニク・ウェスト、カトリーナ・バルフ、ジャンカルロ・エスポジート
公開: 2016年6月10日  観賞: 2016年6月10日

 

ジョディ・フォスター監督作品にして本人は出演せず、制作に徹した事で話題の本作。

95分と非常に見やすい時間で緊張感もあり手堅くまとまった印象。

株の上げ下げがショーになるアメリカという国で起きたショーのような事件…。
顛末も…ちょっとショー的。

◆あらすじ
リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)が司会を務め、その巧みな話術で株価予想や視聴者への助言を行う高視聴率財テク番組「マネーモンスター」。番組ディレクターのパティ(ジュリア・ロバーツ)の指示を聞かず、アドリブ全開でリーが生放送に臨む中、拳銃を手にした男カイル(ジャック・オコンネル)がスタジオに乱入してくる。彼は番組の株式情報によって財産を全て失くしたと憤慨し、リーを人質に番組をジャック。さらに放送中に自分を陥れた株取引のからくりを白日のもとにさらすようパティに迫るが……。(シネマトゥデイより引用)

怠慢警備の隙をついて部外者が信じられないほど簡単に入れちゃうセキュリティの甘さ…日本のテレビ局の方がもっと厳重そう。笑.gif

クルーニーさんは素敵だけど、金ぴかハットを手に踊っちゃったりする姿は何だかね…日本のタレントで言ったらこれ、踊る みのもんたくらい反感買う姿かも(笑)(つまり、金持ちが金融解説しながら偉そうに踊ってる…みたいな笑.gif)
  f:id:nakakuko:20160612014539p:plain


株価の上げ下げもショーで見せちゃうアメリカという国、高視聴率らしいし、ドリームを求める人が多いのだろう。

けれども『マネー・ショート』でも語られた通り、負け組の上に勝ち組が立つシステムである。こんなタレントの言うままに売買してたら大事故も起ころうというもの。

そんなこんなでカイルくんには全く同情できなかった序盤だが、番組ジャックは時にゲイツに主導権を握らせ、時にプライドをズタズタにし、時にカイルくんに憐みを誘う…というなかなか飽きさせない展開。
 
ベタと言ったらベタだけれども、最終的にはただの金融ミステリーに収まらない人間ドラマなのだった。
 f:id:nakakuko:20160612014645p:plain


物語と同じくキャストもクルーニーさん、ジュリア・ロバーツ始め手堅く上手い。どこまでも「ショー」。 ジュリア・ロバーツも好きだけれどもアイビスの広報担当・ダイアンを演じたカトリーナ・バルフさんが、ちょーお美しい。
 f:id:nakakuko:20160612014717p:plain


『SUPER8』でお母さんの役をやっていらしたらしいけれども全然記憶にないなぁ。
アイルランド出身のモデルさんで、『ピープル』の「世界で最も美しい50人」に選出されているらしい。

彼女の活躍もチェックして。


お話としてはとても面白かったけれども、ちょっとテレビドラマ的かなぁとも思う。

「相棒」や「踊る大捜査線」みたいな刑事ドラマシリーズの1本としても似たようなネタはありそう。(スケールは小さくとも笑.gif)

そして個人的には、あの結末には納得出来てないから…。

ああいう方向に持っていくことで、より安いショーになっちゃった気がするの。

よくも悪くもザ・エンターテイメント。という事で。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ

 

番組がジャックされるという展開は予告で散々見ていたのだが、序盤では、あれ、『テロ,ライブ』のリメイクだったっけ…と思ってしまった。笑.gif

最終的には『テロ,ライブ』よりもエンタメ的で、あんなにゲスくもなく、深い闇も無かった。

だから、本当にただの娯楽作品だ。

テレビで訴えれば株価は上がると信じ、「さあ、オレの価値はいくらだ!?」とゲイツがカッコ良く言い放った途端に下落するシーンと、カイルくんの彼女には笑ったわ(爆)

 f:id:nakakuko:20160612021146p:plain


こうして金持ちも有名タレントも、カモにされる貧乏人もみんな同じだ、ただの視聴率稼ぎのネタなんだと気づいた2人が手を携えてアイビスの不正を暴く展開、結構好きだったよ。

なのに、どうしてラスト、カイルくんを殺してしまう必要があるのだろう。

負け犬が死んでも熱狂していた視聴者は気にも留めない。今日もテレビも金融も同じように動いていくよ…という苦さを残したかったのだろうが、「ほら、苦さ残したよ!ドヤッ!」というあざとさを感じてしまった。

世の中はすっかり元通り。不正のネタコラだけがYouTubeで再生回数を稼いでいるよ、平和でクズな国だねという皮肉と、でもカイルくんも生きていてゲイツだけは彼を忘れないよ、という温かさやユーモアを残してくれればもっと名作になった気がする。

悲劇作ればいいってもんじゃないと思うのだった。


『マネーモンスター』公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

 


 

 

にほんブログ村 映画評論・レビュー
マネーモンスター@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★

※ この記事のトラックバックはこちらまで

http://blog.seesaa.jp/tb/438889915