映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【ワイルド7】悪だけど正義!

ワイルド7

監督: 羽住英一郎   
出演: 瑛太、椎名桔平、中井貴一、深田恭子、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実、要潤、本仮屋ユイカ
公開: 2011年12月21日



    


水曜日から公開というのも珍しいけど、おかげさまでさっさと見れたという事で…
(私の誕生日というこの善き日に合わせて公開してくれてありがとう(違…汗.gif)

ワイルドな瑛太、見てきました。「ワイルド7」

まー、実際には、瑛太がワイルドというよりも、映像迫力がワイルドだった。
魅せるポイントもしっかり押さえ、どこを切り取ってもポスターになるようなカッコ良さ。

そのため「いつまでそのポーズで止まってるんだよ、早く撃てとか「早く逃げろとか…
そういうツッコミは心の中で何度もしました。けど、…まぁ、そこは気にしないように。

とにかく、カッコイイーー映画に仕上がっていた。バイクアクション、素晴らしい。
瑛太は大型の免許を持っていて、実際にアクションをこなしているシーンもあるとか。

私はバイクに興味がないので詳しく書けませんが、バイク好きな方にはそっち方面からの楽しみ方もあるかも。

「海猿」羽住英一郎監督らしく、音楽を使った盛り上げ方も上手い。

この迫力は、やはり劇場で味わうに相応しいものだと思います。日本映画も頑張ってるなぁ、と思えた。


キャストに関しては…あまりドラマは見ないという方は新鮮に見れるのかも。
当方はドラマ見なので…ハッキリ言ってしまうと今現在(2011年の第4クール)のドラマに配役されている役者さんの出演シーンは、ちょっと違和感だらけだった。日本には他に俳優がいないのかな…と思ってしまいました笑.gif

日本の場合は、テレビドラマと映画俳優の区別がほとんどないからね…。役者さんにとって、それはプラスなのかマイナスなのかは、解らないけど。

ストーリーより映像とカッコ良さを楽しもう、というつもりで観に行くのが良いと思います。

そのくらいの観方で、ちょうど面白い。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



世の中には自分の利ばかりしか考えず、「力のない者は虫けらくらいの価値しかない」と思っている人間は実際にいっぱいいる。草波の選択と生きる姿勢は「正義」そのもの。カッコいい。

1人でしか生きられない者が仲間という「絆」を得て…というストーリーもカッコいい。

しかし、せっかく生まれた「絆」だからこそ・・・

原作は全く知らないので比較のしようがないけれど、桔平@セカイは、あそこで死ななくてはいけないの

どうせ有りえない事が画面上でバンバン起きているんだから、別に殺さなくてもいいじゃないか…
その方が後味は良かったと思う。(やっぱり生きてた設定汗.gif)

と、思っていたら、最後はユキを入れてワイルド7なんだ。汗2.gif「8」じゃ、どうしてもダメなのか!?

上には書かなかったキャストの事だけど、日本のドラマや映画界は深田恭子をどういう方向に持っていきたいんだろう…と、最近、色々な深キョンを見ていて思います。

今だにリカちゃん人形のような可愛い美貌が崩れない深キョン。
もちろん、人間は年取るわけだから、今は女優として方向を探っている所なのかなぁ…とも思うけど…

「ワイルド」は、ちょっと違う気がする笑.gif
やっぱり深キョンには「富豪刑事」のような天然美人が一番合ってると私は思うんだけど…


・ワイルド7 公式サイト

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」




ワイルド7 オリジナルサウンドトラック

ワイルド7 オリジナルサウンドトラック
価格:2,500円(税込、送料別)

 

【送料無料】TOKUMA Anime Collection「ワイルド7」

【送料無料】TOKUMA Anime Collection「ワイルド7」
価格:5,176円(税込、送料込)

 



にほんブログ村 映画評論・レビュー
ワイルド7@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★
おすすめ映画情報-シネマメモ

※ この記事のトラックバックはこちらまで

http://blog.seesaa.jp/tb/285701632