映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『THE LAST MESSAGE 海猿』逃げてたんじゃない。探してたんだ!

THE LAST MESSAGE 海猿

監督: 羽住英一郎   
出演: 伊藤英明、加藤あい、三浦翔平、佐藤隆太、時任三郎、石黒賢、加藤雅也、吹石一恵、濱田岳、鶴見辰吾、勝村政信、香里奈
公開: 2010年9月18日



   


劇場鑑賞…1年遅れレビュー。あまり覚えてないけど確か2Dで観たと思う。
この記事は後々、1年前の日付に移動します。(この記事は2011年12月に書いたものです。感想、書いたかな…と探したけれども、やっぱ書いてなかったフジテレビが地上波放送してくれたおかげで見直すことができた。ありがとうフジテレビ)


伊藤英明、仙崎の安心感・・・

元バスケットマンの先輩コーチも保険調査官も良いけどさ…伊藤くんは、やっぱ仙崎だわ。

物言わず見せる背中の逞しさ。要救護者もこの背中を見て「必ず助かる」と信頼するわけです。それがとってもよく出ている。

思えば、訓練生だった時からずっと仙崎を見てきたのである。彼の成長は本当に素晴らしいよね。今や後輩を励ましながら指導する立場。

今作は、その後輩、服部くんの成長物語でもある。中盤まで三浦翔平だと気付かなかったわ黒い短髪、こっちの方が「ごくせん」のロン毛金パよりずっと良いじゃないか。

想定していなかった危機に戸惑い、震え、挫折ギリギリの中から這い上がっていく新人潜水士の姿を良く演じ切っていたと思う。

ストーリーは相変わらずベタです。
しかし、このベタさが好きなんだ。ベタだベタだと思いながらボロボロ泣く・・・
これが「海猿」

ま~、これがダメだっていう人は見ない方がいいと思う。だって、そういう作品なんだもん。このスタンスは何作新作が出たってきっと変わらないだろう。

・・・って事で・・・新作が出ます(決定)
映像的にはスクリーンで観る価値のある迫力だし、私は今度もまた仙崎を見に行くよ。

・2012年7月公開決定!『BRAVE HEARTS 海猿』公式サイト


「海猿」第4弾だね。サイトは制作中みたい。今度は横浜が舞台らしいから、それも楽しみ。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


服部、お前は逃げてたんじゃない。探してたんだ。だから潜水士になったんだ!

自分の命をかけて、人の命を救う仙崎の背中を見て、この仕事の重さを改めて知り、責任感と勇気を奮い立たせる服部・・・

しかも、仙崎が1人で残って服部を行かせるのは、別に自殺行為ではないんだよね。
希望をちゃんと持っている。「必ず仲間が来る」という希望。

これが「海猿」の好きなところ。正義感から命を捨てて自殺行為に及ぶ綺麗ごとはあまり好きじゃない。仙崎の行動にはいつも未来がある。


「あそこに残っている5人は1500億を沈めてまで助ける価値のある人間なんですか?」

内閣参事官の問いに、下川は
「私には、その質問の意味が解りません。」
と答える。

この人も好き目の前にある命の重さをお金や国家と計らない、とにかく助ける。「海猿」たちのカッコ良さ・・・


そして、元々のバディである吉岡の数少ない激励シーンも泣けた。
離れていても、もう心が繋がっている最強コンビ。


ベタですかベタですとも・・・でも、私は泣いたし、感動したし、また見るのだ。

日本が1500億かけた国家プロジェクト「レガリア」を捨てて助けた仙崎の命。どう生かされるのか、次も楽しみ

・THE LAST MESSAGE 海猿 公式サイト


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】海猿 スタンダード・エディション

【送料無料】海猿 スタンダード・エディション
価格:3,591円(税込、送料別)

 

 

 

【送料無料】海猿 TV ORIGINAL SOUNDTRACK

【送料無料】海猿 TV ORIGINAL SOUNDTRACK
価格:2,249円(税込、送料別)

 

【送料無料】海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

【送料無料】海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX
価格:22,491円(税込、送料別)


おすすめ映画情報-シネマメモ
THE LAST MESSAGE 海猿@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★