映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『オーケストラ!』この12分間のクライマックスのための120分!

オーケストラ!~ LE CONCERT ~


監督: ラデュ・ミヘイレアニュ   

出演: アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン、ミュウ・ミュウ、フランソワ・ベルレアン、ドミトリー・ナザロフ、ヴァレリー・バリノフ
公開: 2010年4月



        


DVD鑑賞で。
…と言っても、観たのはだいぶ前です。

すでに色々な所で粗筋はバラされていると思うので、ネタバレも何もないかな、 と思いつつ・・・

ロシアのボリショイ交響楽団で清掃夫をしているアンドレは、実はかつては この楽団の指揮者であった。
ある日、アンドレは支配人室の清掃中にパリからの演奏依頼FAXを発見し、楽団に成り代わってパリでコンサートすることを思いつく。
そして、かつての仲間を集めて楽団を再結成するのだった…



・・・という「あらすじ」を見るだけで、もう発想がまともじゃない事が解る。
つまり、バリバリシリアスな感動映画ではありません。
ジャンルは「ヒューマン」になっているが、基本コメディなのだと思った方が良い。

実際、劇中で起きる事は「奇跡」「奇跡」「奇跡」の連続である。
現実味を求めたら、とても見てはいられない。

それでも涙を流すのは、まさに「奇跡」なラストの「チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲」のため。

音楽って素晴らしい!!音楽そのものが「奇跡」なのだ…と聞き入るそのラストの20分間。
この映画に出会えて良かったと、きっと思えるはず。

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


観る前に色々なところであらすじは聞いていて「面白そうだなぁ」と思ったから観たわけなんだけど…

まさか、本当にここまで「奇跡」だとは思わなかった。笑.gif

寄せ集めは寄せ集めなりに、苦労してコンサート出来るようになるまで練習し、その間のドタバタが描かれるのかと思った。

まさか、ぶっつけ本番大成功だとは・・・


しかし、それまでに、もうメチャメチャな「偶然」がたくさん起きているので、もう何が起きてもあまり気にならず・・・

制作側は、苦い歴史を描きたかったのだろうけれども、私的にはアンドレイとアンヌ=マリー・ジャケの歴史は、あまりコツンと来なかった。
別にこの2人が親子で隠し子でした、という結末でも映画の印象自体は変わらなかったと思う。

何が起きようと、全て飲み込んでしまうコンサート。
劇中人物たちの人生を変えた「チャイコフスキー・ヴァイオリン協奏曲」。

音楽はいい。音楽って、やっぱり素晴らしい。

・「オーケストラ!」公式サイト



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」



オーケストラ!@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★