映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【サンクタム】年長者の言う事は素直に聞こう

サンクタム
~ SANCTUM ~



監督: アリスター・グリアソン 製作総指揮: ジェームズ・キャメロン   

出演: ジョン・カーヴィン、リチャード・ロクスバーグ、リース・ウェイクフィールド、ヨアン・グリフィズ、アリス・パーキンソン、ダン・ワイリー
公開: 2011年9月



        


あの「アバター」のジェームズ・キャメロン制作総指揮だと言うのに、この話題にも上らない感じは一体何なの・・・

というのが、かえって好奇心を芽生えさせる…という不思議心理で劇場鑑賞。3D。

観了してネット開いてみたら、ブロガー評価悪っ・・・
先に読んでいたら、きっと見に行かなかったことだろう。

しかし、自分的には、そこまで評価悪くはない。

確かに、登場人物の行動やセリフがフラグ立ち過ぎで、展開の先は大よそ読めてしまう。
それでも、水の中、狭い洞窟の中の閉塞感は充分に味わえた。

私は結構泳げる方だけれども、水が怖い。
今年こういう事を言うと不謹慎だと言われるかも知れないけれども、溺れて死ぬのだけは絶対イヤだ。
海に行った時は、沖の方へはボードや浮き輪がなければ絶対に行かない。

そんな私にとっては、恐怖の映像の連続だった。
最初からいきなり起こる悲劇の映像は、もう、ヘタなホラーよりも恐かった。

ラストは、本当に、ぷは~っ・・・となったわ。

親子のストーリーにも弱いので、ウルッとなるシーンも多々あり・・・

年長者、経験者の意見は聞くものである。


息詰まるスリルと閉所の臨場感を味わいたい方は、ぜひどうぞ。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ



カールが全部悪いだろっ!怒2.gif

団体行動では、ああいう人間がいると必ず何か起きるのだ。
あの彼女なんか、スーツ着ないと言った段階で、絶対にああなると思った。

冒険もの…といっても、バーディが全然楽しいチームじゃない。
頑固一徹な父、反抗息子、自分勝手な金持ちと気の強い彼女・・・
上手くいかないのが最初から見えてる。

実話に基づいているということだったけれども、どこまで実話なんだか・・・

とにかく、一番のツッコミ所は、あの安楽死の方法なんですけど・・・


  


どこが楽なんだ!?それ、この世で一番苦しい死に方だから~!泣.gif

お父さんが死んでしまう事になるのもカールのせい。
あれは・・・どうしても死ななくてはいけなかったんだろうか?

息子と二人で岸にたどり着き、理解しあって仲よく暮らす話ではダメだったの?


母が好きだったと言う、父から聞かされた詩を1人朗読しながら海面へと昇っていく息子。

辿り着いた先には、空気と安心と独立と・・・孤独が待っている。

・サンクタム 公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】 サンクタム 【DVD】

【送料無料】 サンクタム 【DVD】
価格:1,030円(税込、送料込)


サンクタム@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★