映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『ラビット・ホラー3D』不思議の国の満島ひかり

ラビット・ホラー3D

    

監督: 清水崇   
キャスト: 満島ひかり、香川照之、澁谷武尊、大森南朋、緒川たまき
公開: 2011年9月17日


2011年10月9日。劇場観賞。

清水崇監督お得意の「落とし穴ストーリー」である。

だから、清水監督の作品に慣れてしまっている人は、どの辺に落とし穴があるか何となく解ってしまう。

ちなみに、私は結構早い段階で

あ~…たぶん……なんだろうな~…

と、気付いてしまいました。

それでも「つまんない」とは思わなかった。
ホラーと言うよりは、切ない痛いストーリーだった。

これもまた、清水監督の手法に結構慣れている身としては、あまり驚くシーンもなく、(しかも、なんか可愛いし)「恐い」とは思わなかった。

「輪廻」のように、うわーわー、もう、やめてくれーー

と言うほどの迫りくる怖さはないです。

全体的には、悪夢の世界を見せられた。という印象。

満島ひかりが、とにかく素晴らしい。
彼女がいて、この映画がある。素直にそう思えた。

ちなみに…

「戦慄迷宮3D」の続編か…
と、思える部分もある。
見ておいた方が理解しやすい部分もあるけれども、「戦慄迷宮3D」自体はお薦めしない

【関連記事】
「戦慄迷宮3D」レビュー
「輪廻〈りんね〉」レビュー

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ



清水監督といえば、本当にいつも怖くて怖くて記憶にガッツリ残る悪夢のような不気味なハンギングシーンがあるわけで、今回もそれはあるんだけどね・・・

ハンギング・ツリーで首吊ってるのがクマさんやトラさんなのでそれほど不気味じゃないというか・・・
むしろ…なんか…かわいい笑.gif

最初に遊園地に行くシーンなんて、童話みたいだよね。
ウサギについていくわけだから、まさに不思議の国だ。


記憶から消したいものだけ消して生きていくというのは、何だか羨ましいようにも思えるけれども、彼女の贖罪の気持ちと長い年月の孤独を思うと、本当にただただ可哀想になる。

結局、あの人たちがただのおかしい人なのか、呪いなのか…

それも解らないところが…好きだったりする。


一番印象に残っているのは、ラストのキリコの

あ・・・わたし、声出た・・・

命と引き換えに得た呪われた声。
まさに、人魚姫そのもの。悲しいファンタジー。

・ラビット・ホラー3D  公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 

 

【送料無料】輪廻 プレミアム・エディション

【送料無料】輪廻 プレミアム・エディション
価格:4,442円(税込、送料別)


にほんブログ村 映画評論・レビュー
ラビット・ホラー3D@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケットblogram
★前田有一の超映画批評★