映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『SPACE BATTLESHIP ヤマト』地球か・・・何もかも懐かしい

SPACE BATTLESHIP ヤマト


監督: 山崎貴   
出演: 木村拓哉、黒木メイサ、山崎努、緒形直人、柳葉敏郎
公開: 2010年12月



   


ヤマトか・・・何もかもが懐かしい・・・いや、マジで


あ~。。。。。。
もしかしたら、感想正直に書いたらブログ炎上するかも
だからね~…この事務所の人の映画やドラマは書きづらくてかなわんわ~…


とりあえず、これだけは前置き。

私は、元々この主役の人が俳優として………である。
古代進は、たぶん私の人生初の二次元初恋キャラである。


だからこのキャスティングが発表された時から私的にはブーブーだったわけである。


じゃあ何を観に行ったのかと言うと波動砲を観に行ったんですよ。

で、波動砲には、ホント満足しました
って言うか、VFX、セット、素晴らしいですね。
さすが、この道のトップ、山崎貴さん。
臨場感のあるヤマトは涙ものです。

何でヤマトにこんなに女が乗ってるのじゃろ。この比率じゃガンダムだろ~、とか、佐渡先生が女じゃなきゃならない理由が分からん…西田さんが佐渡先生で良いじゃないか。とか、スターウォーズかよっっ!!とか…

ま、色々あるけど~…

山崎務さんの沖田が素晴らしかったのと、デスラーが伊武雅刀だったのに思わず手を叩きたくなったのと、オープニングのナレーションがすっごく懐かしかったのと…

あと、さっきも書いたVFXは素晴らしかったのと。


そこは評価します。


ってことでここから下とネタバレは

高評価の方と主役ファンは閲覧禁止

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ



観に行く気は全く無かったのに、なぜか私と同じくらいキ○○ク嫌いの友達と行くことになったこの映画。

ハッキリ言って主役の中の人が好きな方じゃないと相当見るのが辛い映画になることでしょうだって、この人のための映画だもん~。

どアップいっぱいで、ファンにとっては凄い満足なんじゃないかな。隣の人、メチャ泣いてたし。この、ちょ~涙もろい私の目が乾きっぱなしだと言うのに


R2D2がやられちゃうシーンだけがウルっとなったとこ…あ、間違えた、アナライザーだっけ

唐突なラブシーン。どうなのよ、これ……

もう止めてくれ~と、なったわ~。

脚本ひどっ。

VFXは山崎さんで、製作は他の監督でやりゃ良いじゃんか。

みんなが「俺様演技」に浸る中で、柳葉敏郎池内博之は頑張ってたと思った。


頼むから「ガンダム」実写映画化とかだけは絶対にやらんでね

アニメはアニメだから良いんだよ。

今年は、これでおわりっ
閉まらないな~。。。



・SPACE BATTLESHIP ヤマト 公式サイト
 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」



SPACE BATTLESHIP ヤマト@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★