映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『クロッシング』神様がいる国へ

クロッシング
~ crossing ~


   

監督:  キム・テギュン   
出演: チャ・インピョ、シン・ミョンチョル、ソ・ヨンファ
公開: 2010年6月


2002年、脱北者25人が北京のスペイン大使館に駆け込んだ。
「クロッシング」は、この事件をモチーフに作られたらしい。

しかし、この映画は脱北の苦労を語る映画ではないし、北朝鮮の在り方を批判する映画でもない。

ただ、そこで仲良く暮らしていた家族が飲み込まれていく波。

人は親を選べないように、産まれる国を選ぶことが出来ない。
親子は国に不満なんか何も無かった。だって、他の国の事など何も知らなかったから。

この家族の悲劇は、そこに生まれた事。

夕立の中、笑顔でサッカーを楽しむ父と子。
まとわりつく犬。
この映画の中で何度も思い出すシーン。


この日が、ずっと続けば良かった。

平和ボケした日本人には、あまりにも衝撃的な映画だった。

この現実をもっと多くの人に知って貰いたい。

辛い映画だけど。
1人でも多くの方に見て貰いたい


・瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件 by wikipedia
この辺、記憶にある方も多いかと思います。

この物語の背景にある出来事は、大昔の話ではありません。
今、この時にもある現実。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


 ブログランキング・にほんブログ村へ



北朝鮮の子

北朝鮮の子

価格:620円(税込、送料別)

パリ

パリ

価格:2,415円(税込、送料別)

 


見ている間、何度も何度も嗚咽を堪える。

家族にもう一度会いたい。
家族のいる場所に戻りたい。

スクリーンから響く、父と息子の叫びに身を切られるよう。

父は、ただ妻のために薬が欲しかっただけだった。
命を賭けて渡った国で、次々と変わっていく身の回り。

渡った国では結核の薬は無料だった。
渡った国では神と言う物が存在した。

神は南にしかいないのか?
北にはいないのか?

神は富める国にしか存在しないのか?


北には神なんて居なかった。
誰も救ってくれない。薬もない。
家族3人、食べる物さえもない。


少年はガールフレンドから神の話を聞き、天国の存在を知る。

最期の時、少年は母が待つ天国を確かに信じただろう。

頬を塗らす一滴の雨。

天国にも少年が好きな雨はきっと降る。

また、夕立の中で父とサッカーができる。

父は神を呪いながら、神の理論のある国で暮らす。

そして、少年は神のいる国に旅だった。


エンドロールで映る河原のバーへキュー。
子供連れの家族が集まる日本では当たり前な風景。

でも、この映画の世界では、天国でしか許されない風景だ。

少年と父を再会させてあげたかった。
甘くても何でもいいから、抱き合う姿が見たかった。
ただその思いだけで、涙が溢れる。

・クロッシング 公式サイト


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】クロッシング

【送料無料】クロッシング
価格:4,442円(税込、送料別)


にほんブログ村 映画評論・レビュー
クロッシング@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★