映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【アリス・イン・ワンダーランド】大人の国のワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランド
~ ALICE IN WONDERLAND ~


  

監督:  ティム・バートン   
出演: ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ
公開: 2010年4月



まずは、今日の一句。

     最悪だ
       最前列で 3-D



そりゃーね。。。
公開後最初のレディスデイだと解っていながらもっと早く行かない方が悪いさでもさ、それでも普段よりはだいぶ前に着いたんだよ。頑張ったよ

そもそも、ティム・バートンの映画だって言うのに、字幕版が1日に3回しか用意されてないってどうよ。吹き替えの方は2館で1日13回も上映されるのにだよ。

平日に映画見に来る人なんて、子供連れじゃないんだから吹き替えの外画なんて見ないよ。そりゃ、1日3度の字幕版に殺到するさ。

おまけに劇場も一番大きい所じゃないし~。。。

いや、それでもね、まぁ、最前列なんかになっちゃうのは自分が悪いさ。それにそれでも良いと言って入ったんだし。

しかし、思ってた以上に。。。ひどい

いくら客を入れたいと思ったってさ~。。。前3列とか、こりゃ見れないなと思う席は除外にすればいいじゃん~。最低限、見れる席を用意して欲しいわ。マ●カル板●


あ~。。。こりゃもう映画の感想じゃない。。。

って言うか、上のような事情で、とりあえず映像については何の評価もできません

飛び出してくる部分ばかりに目が行っちゃってスクリーン全体を見るって事が出来ないもんで。。。字幕を見てると映像に目が行かないし~。2Dだったら最悪最前列でもここまでヒドイ事にはならないんだよねもうホント、次からは気を付けよう。。。

ゴールデンウィークに合わせて吹き替え版ばかり用意されてるんだろうけど、ティム・バートンだよ。お伽噺ベースだって言ったってブラックだし~。お子さまは泣くよ

。。。と思ってたんだけれども。。。

思っていたよりも普通にお伽噺だった。
ティム・バートンにしては毒がない。

映像に関しては、GW開けのほとぼりが冷めた頃にもう一度見に行って追記したいです。。。

あ~。。。でもやっぱ、私、3Dって嫌いかも知れない。

ディズニーは精力的に3Dを作るけれども、どうなんだろ。
テレビも出来ると言うし、映像と言う物はその内全部3Dになっちゃうんだろうか。

「アバター」は私は3Dも2Dも両方見たけれども、2Dでも充分に奥行きのある美しい映像だった。

もし映画が全部3Dになっちゃう時代が来るとしたら。。。

なんだかやだなぁ。。。と思っちゃう私はアナログな人。。。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


普通、大人はお伽噺を卒業するのがセオリー。
ウェンディだって大人になったらピーターパンにはもう会えないのである。

なのに、アリスはプロポーズされる年になって、再びワンダーランドに戻る。

これは、ある意味、羨ましい。

時計を持ったウサギ。お茶会。トランプの兵士。
子供の頃に絵本で見た世界そのまま。


そして、ワンダーランドから戻ってきたアリスが、穴に落ちる前よりも大人になっているのが面白い。

自分の意志でプロポーズを断り、叔父の仕事を手伝う事にしたアリス。

お伽噺の世界を経て、少女の世界は広がったのである。


・アリス・イン・ワンダーランド 公式サイト


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

アリス・イン・ワンダーランド@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★