映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『 のだめカンタービレ 最終楽章 後編 』楽しい音楽の時間の終わり

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

     

監督: 川村泰祐   
出演: 上野樹里、玉木宏、竹中直人、瑛太、水川あさみ、ベッキー、小出恵介、ウエンツ瑛士、山田優、福士誠治、伊武雅刀、なだぎ武、吉瀬美智子
公開: 2010年4月17日



ああ・・・こうなって良かった
・・・と思えるラスト。

昨年末に「前編」を見てからずっとずっと早く先が知りたかった。


この4ヶ月、じっとしてはいられず、先を知りたい誘惑に耐えられず、1月から始まった夜中のアニメ・ノイタミナ枠で放映されていた
「のだめカンタービレ フィナーレ」を見ていた。

お陰様で、先のストーリーは大凡分かった上で見た、この後編。

「前編」ほど溢れる音楽を浴びることは無い。
まぁ、「前編」で千秋のターンが終わったのでオーケストラシーンがほとんどないから・・・

代わりに作品全体に流れるのは、ピアノの旋律。

楽しそうに、繊細に、悲しそうに。
のだめと千秋の心そのままに流れ続けた。


「前編と比べると物足りない感じはあるかも知れない。
「後編」は、ほぼラブストーリーだから。


でも、これはこの作品の閉めであり・・・
それは、映画としてだけではなく、このストーリー全体の。

だから、私は満足である。
連ドラからずっと愛してきたストーリーだから。

これで、本当にお別れです。

・・・寂しい・・・


【関連記事】
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」感想
「のだめカンタービレ」ドラマ最終回感想


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


 

笑えるシーンもあったけれども、割とシリアスだったなぁ。。。と。
音楽ドラマとしてもラブストーリーとしても本当に素晴らしい。

ヘラヘラ笑いながら、いつの間にか音楽に引き込まれ、のだめや千秋の気持ちに引き込まれ、涙する。
「のだめカンタービレ」って、そういうドラマだったね、ずっと。

行方不明になったのだめを見つけて駆け付ける千秋の涙。走り出す。

「ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」第2楽章」2人の出会いの時の曲を幼稚園で弾いている映像。


本当は何度も思ったことがある。
あいつにとっては日本にいる人生のほうが幸せだった んじゃないかって。
あいつが辛そうにしているのを見るたびに何度も何度も。
いつまでも無理して辛い道を行 かせなくても、あいつが本当に好きな道を選んで、俺はそれを受け入れて。

それでもオレは やっぱり何度でもあいつをあの舞台に連れて行きたいと思うんだ。この ピアノを聴くたびに。



最後には、完全に対等になったように見えた。

もう、のだめは千秋を追わない。
千秋はのだめを引っ張らない。

モーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」連弾。

いくら苦しくても、気が遠くなるほど孤独な戦いが待っていようとも、こんな喜びがあるから何度でも立ち向かおうと思えるんだ。


音楽家として共に歩む2人。

頑張ったね。のだめ。やっとここまで来た。

ラストのキスシーンは、嬉しかった


家に帰ったら、ドラマの再放送が最終回だった。

本当にもう、これで終わってしまったんだなぁ。。。

楽しい音楽の時間をありがとう。
幸せな時間をありがとう。


・のだめカンタービレ 最終楽章 公式サイト

  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

www.cinemarev.net

 



 

 

 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
のだめカンタービレ 最終楽章 後編@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★

※ この記事のトラックバックはこちらまで

http://blog.seesaa.jp/tb/285701486