映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【人間失格】太宰治原作のダイジェスト版

人間失格


監督: 荒戸源次郎   
出演: 生田斗真、伊勢谷友介、寺島しのぶ、石原さとみ、室井滋
   小池栄子、大楠道代、三田佳子、石橋蓮司
公開: 2010年2月


     toma

あんまりまともな映画感想にならないかも知れない・・・
だって、斗真を見に行ったようなモンだから。

そうです。私は生田斗真が好きである。「イケパラ」の時からずっと斗真に注目してきたさ。

でも、もしも斗真の最初の映画がこれじゃなくて、バリバリのJアイドル物だったりしたら見てなかったと思うのよ。逆にこの「人間失格」の主演が斗真じゃなかったら、
見に行ったかどうか解らんのよ。

だから、本当に斗真の映画デビュー作がこれで良かったと思う。


まぁ、まず映画の感想をちゃんと書こう

原作を読んだのは中学の頃で、だいぶ頭から抜けてます。

映画の内容は、ほぼ原作に忠実な流れかも知れない。
原作のダイジェスト版って感じ。。。

たぶん、これだと原作を読んだことがない方にとっては、大庭葉蔵は、ただのナマケモノの女たらしにしか映らないだろうな

原作の事は置いておいて、映画の内容にのみ触れるとしても、次のシーンまで1日しか経っていないように見えるのに流れを考えると何年か経過しているような~・・・
と言うシーンが多々あり
時間の経過が全く読めず。


そんなこんなで、ずいぶん軽~い感じの作品になってしまった。

せっかくの女優陣も出てきては消え出てきては消え・・・で、今ひとつ印象が薄い。

時代に一番溶け込んだ感じに思えたのは寺島しのぶ。
女として一番恐ろしかったのは三田佳子。かな。


その美しさと色気で女を惹きつけずにいられない世捨て人のようだけど放っておけない葉蔵。

私は贔屓目抜きでも斗真は良かったと思う。


私も、斗真がボロボロで頼ってきたら何があっても助けるからな


キャストで難を言えば・・・

ファンの人はごめんなさい

原作にない中原中也。必要
中原中也の中の人。文芸作品に合ってる

こういうゴリ押しキャストをするからさ。。。
J事務所が関わる作品は。。。。。って言われるんだよね。。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


原作では、葉蔵の性格や行動は幼い頃からの生い立ちに問題があり、もう少し同情すべき人物・・・なんだけど 性的虐待被害児童の成長記録のようにも見えるこの作品は、結構ドロっとして深いテーマを抱えている。

映画では、そこんとこ全く描かれないので・・・ただのボンボン育ちの美形坊っちゃんのワガママ放浪記のようにしか見えない。

原作は青空文庫でサクッと読めるので。。。
興味のある方は行ってみて下さい。

石原さとみちゃんの良子のあのシーンも、別に良子が望んでああなったんじゃないんだけど~。。。映画だとワケの解らないシーンになっちゃって


原作で補足しないといけない映画って、1本の映画としてどうよ。
と思うけど。。。

まあ。。。私はこれでもいいや。

原作も知ってるし、斗真が綺麗だったから


青空文庫「人間失格」(無料で全文読めます
・人間失格 公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


人間失格@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★