映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『ダウト -あるカトリック学校で-』裏付けのない疑惑

ダウト -あるカトリック学校で-
~DOUBT~

  

   



監督: ジョン・パトリック・シャンレイ   
出演: メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス、アリス・ドラモンド、オードリー・ニーナン、スーザン・ブロンマート、キャリー・プレストン、ジョン・コステロー、ロイド・クレイ・ブラウン、ブリジット・ミーガン・クラーク

公開: 2009年3月



1964年。ニューヨーク下町のカトリック学校。
そこには、学生達が恐れる厳格な校長、シスター・アロイシスがいた。

若干のネタバレ含みます。


物語は光が差す明るい礼拝堂から始まる。

優しくて人好きしそうなフリン神父の行う礼拝。
彼を信頼し、尊敬する礼拝係の生徒。

フリン神父は言う。

疑いを持つ事も絆を作る。

その説法を聞くシスター・アロイシアスの中にフリン神父に対する疑惑が生まれてくるのだった。

執拗にフリン神父に疑惑を向けるシスター・アロイシスと、最初はやんわりと、やがて激しくシスターに抵抗するフリン神父の対決が見事。クライマックスの対峙シーンは、圧巻である。

信仰・厳格・寛容

シスター・アロイシスは、疑惑と厳格の中にいる。
フリン神父は、寛容と進歩を強調する。

疑惑が真実なのかは、観る者に委ねる結末。

そして「何が正しいのか」も観る者に委ねる作品。


真実を暴くことで、全ては解決し、誰もが幸せになれるのか。

疑惑に向かって、ひたすら突き進むシスターは、ハッキリ言ってとっても恐い

少年の母親に会ってからは、特にそう思う。
この人のしている事は、本当に正しいのか・・・

私には人間が解る。
貴方がウィリアムの手を掴み、彼が引っ込めた。
その時から疑惑は生まれたのです。

貴方には同情できない。
後悔など感じない人間だからです。


確証がない疑惑は、冤罪を作る。
フリン神父が車内痴漢行為の冤罪を掛けられた人みたいに見えて、ちょっと同情する。。。

しかし、フリン神父が無実だとも言い切れない。
いや、かなり怪しくも見えるのだ。

・・・だから。。。
何だか見終わって、とてもモンモンと考えてしまった。

たぶん、この映画を観た人のほとんどが、シスター・ジェイムズのように戸惑いを感じたんじゃないかなぁ。。。

それでも、シスター・ジェイムズは、泣き崩れるシスター・アロイシアスの手を優しく取る。

人に疑惑を向けた者には、それだけの苦しみが待っている。


シスター・アロイシスの涙は、何を意味するのか・・・

・ダウト ~あるカトリック学校で~ 公式HP

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

ダウト -あるカトリック学校で-@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★