映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『愛のむきだし』愛がなければ私は何者でもない

愛のむきだし

  

監督: 園子温   
出演: 西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ、渡辺真起子、渡部篤郎、中村麻美、板尾創路、岩松了、大口広司、深水元基、吹越満、堀部圭亮、尾上寛之、清水優、永岡佑、広澤草、玄覚悠子、大久保鷹、倉本美津留、ジェイ・ウエスト、古屋兎丸、宮台真司、岡田正

公開: 2009年1月



興味を持ったのは・・・
レンタルDVDの新作コーナーでAVが紛れてる。。。?って感じのタイトルとカバー。

で、ネットで見てみたところ、凄く高評価だったので。

AAA西島隆弘は、こんな作品に出ていたとはビックリ汗.gif

スピーディでエネルギッシュではあるけれども、4時間はさすがに長い。汗2.gif実は体調が悪い中、寝ながら見てたので・・・そんな見方をしても良い映画と違った。汗.gif

こういう作品に出会うたびに思う。

子育ての責任の重さ。

この子達が、むきだしになって欲していた物の原点はみんな親から与えられなきゃならない物だったのにさ・・・

  愛のむきだし.png

変態も不良も殺人者も新興宗教も、みんな歪んだ愛の賜物。
  愛のむきだし1.png

「コリント人への第一の手紙・第13章」を叫び続ける満島ひかりの迫力に圧倒される。

・・・ともあれ・・・
性的描写に嫌悪感のある方にはお薦めしません。

体調の悪い方にも、お薦めできません。笑.gif

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


ラストの方になって、ああ、コイケか。。。

と思った。

「やっぱり、あんた、私に似てる・・・」

似てるからメチャクチャにしたかったんだろうか。

4人で重たい十字架を抱える、潰されそうなユウの一家。
コイケは幸せな家族なんて信じられなかった。
家族をメチャメチャにしたかった。

ずっと、本当にイヤな女だ、と思ってきたコイケの孤独が最後の時に一気に見える。

ユウもヨウコもコイケに比べると幸せなラストだよ。
本当の愛が見れたから。

「いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。
このうちで最も大いなるものは、愛である。」
 


。。。迫力はあったけど。。。
私は、この映画が今年一番、ってほどの感動は無かったかな。汗.gif

なんか、すっごく疲れてしまった~。

ただね。あのヨウコが叫び続ける「コリント人への第一の手紙・第13章」。あのシーンが、声が、表情が、妙に響くのよ。。。


予告動画
   

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】愛のむきだし [ 西島隆弘 ]

【送料無料】愛のむきだし [ 西島隆弘 ]
価格:4,914円(税込、送料込)

 

 

愛のむきだし 【DVD】

愛のむきだし 【DVD】
価格:4,914円(税込、送料別)

にほんブログ村 映画評論・レビュー
愛のむきだし@ぴあ映画生活トラックバック
象のロケット>
blogram
★前田有一の超映画批評★