映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【ニセ札】金もニセ札もただの紙きれ

ニセ札

 

  

 

監督: 木村祐一   
出演: 倍賞美津子、段田安則、青木崇高、木村祐一、板倉俊之、西方凌、三浦誠己、宇梶剛士、村上淳、泉谷しげる、中田ボタン、板尾創路、キムラ緑子、加藤虎ノ介、遠藤憲一
公開: 2009年4月


「ニセ札作って、誰か傷つきますか?」

山梨県で実際に起きた「チー五号事件」がベース。

戦後で何もかも無くし、復興期の日本の小さな村で起きた事件。

キム兄監督作品だと言うし、予告はコメディでいっぱいな雰囲気に見えたので、きっと凄く笑えるんだろうと思ったら・・・

ゆる~く笑える部分もあったけれども、何だか見終わって悲しくなってしまった・・・

お金は人を狂わせるんだよね。でも、それがなきゃ生きていくことは出来ない。

戦後の貧しい時代だったからこそ、ちょっと手が届きそうな物に手を伸ばしてしまった・・・そんな人たちを責める気になれなかった。

倍賞美津子さんと段田安則さんの存在感が凄い。このお2人の演技に引っ張られていった作品だった。

お笑い芸人が監督した映画だからと言って、決して軽くはないし、くだらなくもない。キム兄の作品には、今後も期待。

とりあえずは、見てみる価値はある一本だったかと。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


金を作って何が悪いのか。

・・・だって、たかが紙切れじゃないの。

と、私も、かげ子のように考える。

かげ子の養子、哲也には、紙切れとお札の区別は付かない。

所詮は紙である紙幣。
でも、私たちは今日もそれに翻弄されて生きている。

金に目が眩んだばっかりに。。。
殺されてしまったシンゴが悲しい。

娯楽のない時代で。。。

戦争が終わって、もう作戦に打ち込む事がなくなった元大佐。学校に本も買えない貧しさの中で、何とか人のためになりたかった、かげ子教頭。思いは色々あれど、とにかく出発してしまったメンバーは、何だか本当に楽しそうに見えた。

ニセ札作りは彼らにとって、ちょっとしたクラブ活動だったのかも知れない。

もしも、自分の手の届く範囲に、こんな犯罪があったら。。。

自分だったら断るかなぁ。。。
もしかしたら、やっちゃうのかも知れない。

こんな紙切れに振り回されない人生を送れたらなぁ。
どんなに良いかと思うのに。

・ニセ札 公式HP

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

ニセ札@ぴあ映画生活トラックバック
★前田有一の超映画批評★