映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『母なる証明』誰にだって人は殺せる

母なる証明
~ 마더 / MOTHER ~


   

監督: ポン・ジュノ   
出演: キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン

公開: 2009年10月



お帰り笑2.gifウォンビン

とか浮かれられる内容とは違う・・・
このウォンビンはカッコ良くもないし、素敵でもないのだ。

 

でも、思えば映画のウォンビンは、いつもそんな感じかも知れない。あの外見を生かしたカッコ良い役に充て書きされる事はない俳優。作品の中にウォンビンがいる。彼自身も韓国映画界も彼をアイドルではなく俳優として育てようとしている姿勢が見えるから。

だから、私は彼が好きなのかも知れない。

さて・・・

たぶん、かなり賛否両論なストーリーなんだろうな~・・・

息子の無罪を立証するために、走り回る母。
そのやり方は、試行錯誤もいいところ。
思いこみで動き回る姿は、やりすぎで滑稽だ。

 

ポン・ジュノ監督らしく、眉をしかめたり、クスッと笑わせられたりした後には背筋が凍るクライマックスと涙が溢れる結末が待っている。

ありえないだろ~と思うほど息子一途のおばさんの姿は、ハッキリ言って気持ち悪いくらい。

でも、気が付くと、おばさんの中に自分の姿が見える。

たぶん、男の子の母親は誰でも、おばさんを見て、ただあざ笑う事はできないはず・・・

冒頭のシーンは


えっ?もしかしたら歌い出すの?
この映画ミュージカルなの~?


と、ちょっと引いてしまったけれども・・・

ラスト、この冒頭シーンに納得が行くのである。悲しいほど・・・

どんな母親だって、息子を信じている。
どんな母親だって、息子を守りたいのである。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


知的障害者に罪をなすりつけるなんて、いい加減な警察。。。
最初はそう思ったけれども、刑事のカンは、あながち外れでもなかったらしい。なるほど「誰にだって人は殺せる」

携帯電話の写真と、トジュンの記憶が繋がる瞬間は思わず鳥肌が立つ。

「馬鹿」と言われる事に異常な反応を見せるトジュン。
ネタだと思っていたけれども、こういう伏線だったとは…。

上にも書いたけれども、おばさんのやっている事は極端でも、母親は概ねあんなモンだと思う。

もしも、自分の子供が本当に犯罪者だったとしたら…。
すぐに警察に突き出す事が出来る親なんているだろうか。

私でも、ああしてしまうかも知れない。
母親ってありがたい。そして恐い存在かも知れない。

逆に…

息子の方も恐い存在だよね…。

どこまで弱くて、どこから正気なのか、まるで解らないトジュン。

トジュンを信じ続けて奔走したおばさんは、使われていたのかも知れない。

「誰も信じるな。この町の人間を。」

ジンテの言う「この町の人間」の中に、トジュンは…

・母なる証明 公式HP

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


スマイルBEST: : 母なる証明 【DVD】

スマイルBEST: : 母なる証明 【DVD】
価格:1,342円(税込、送料別)


にほんブログ村 映画評論・レビュー
母なる証明@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★