映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【さまよう刃】少年法への報復

さまよう刃


  

監督: 益子昌一   
出演: 寺尾聰、竹野内豊、伊東四朗、佐藤貴広、伊東遥、酒井美紀、山谷初男、長谷川初範、岡田亮輔、黒田耕平、木下ほうか、池内万作、渡辺憲吉、中村有志

公開: 2009年10月


警察が守っているのは市民ではないのですか?
警察が守ろうとしているのは「法律」の方なのですか?


何の落ち度もない女子中学生が、悪魔のような男たちに攫われ、汚され、そして殺される。

しかし、彼らは逮捕されたとしても極刑にはならない。彼らは未成年者だから・・・


原作は東野圭吾が2004年に書いた同名小説。

「少年法」と言う盾に守られた未成年者の犯行に対してメスを入れた問題提起作品だ。

映画は、この原作を大きく端折った内容になっていた、と思う。結末も違うのだけど・・・「問題提起」としてのテーマは、原作通りに充分描かれていた。

ただ、何だか物凄く淡々としていて・・・

もっとグワっと心を鷲掴みにされる映画になると思っていたので、最後まで平らな空気に、ちょっと肩すかしを食らう。

また、誰の心の内も特に明かされず、行動だけを追っていく映像に、登場人物の誰にも感情移入ができず、主役不在の作品になってしまっている気がする。

事件の残虐性も極力抑えた演出。追う、追われる緊張感にも欠けているし。

制作者は、ただ問題提起の部分だけを掘り下げたかったんだろうな・・・

それは、確かに果たされているのだけど、そうだとしたら、ちょっとこの映画の制作は遅すぎた感がある。

2008年、光市の事件で未成年事件に対する死刑判決が下され、少年法は少しは変わろうとしている。せめて映画の公開があと2年ほど早かったら・・・

もう少し見る側が受ける衝撃も大きかったかも知れない。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


いくら未成年だって、あんな悪魔は許されて良いはずがない。

警察の対応は、いちいち遅すぎる気がするけれども、織部のように口に出して不満を言う者はいなくても誰もがこの「守るべき未成年」に対して同情なんてしていない。

できたら、長峰に思いを遂げさせてやりたい。。。

登場人物の誰もが、そして映画を観る者の誰もがそう思うはず。警察の捜査の手も緩むってモンだよ。

もしも、この男が普通に警察に出頭していたり、逮捕されたりしていたとしても、反省や更生にはほど遠いに違いない。

犯人を極刑に処さない、と言う「少年法」の目的は未来ある青少年に更生の機会を与えるためだ。

しかし、この蓑を着て、やりたい放題に非道い事件を繰り返す未成年が後を絶たない。


こんな悪魔、死刑で何が悪いんだ。
。。。と、ついつい思ってしまう私がいるワケです。

だから、私は思う。

長峰さん、甘いね。

私だったら、あそこまでやったら、必ずこの男を殺す。愛する自分の娘にされた事を思ったら。この先もこいつが繰り返すだろう犯罪を考えたら。

だって、きっと長峰さんがあんな風に自分の命を断ってこいつをちょっとくらい恐い目に遭わせてやったって、絶対にこいつは反省なんかしないと思うから。

そういう悪魔は世の中に本当に存在するのだから。。。

・さまよう刃 公式HP


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

【送料無料】さまよう刃 [ 東野圭吾 ]

【送料無料】さまよう刃 [ 東野圭吾 ]
価格:740円(税込、送料別)



さまよう刃 【DVD】

さまよう刃 【DVD】
価格:4,442円(税込、送料別)


にほんブログ村 映画評論・レビュー
さまよう刃@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★