映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』たんぽぽの花一輪の誠実もない

ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~


   


監督: 根岸吉太郎   
出演: 松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、妻夫木聡、広末涼子

公開: 2009年10月


第33回 モントリオール世界映画祭 最優秀監督賞受賞

平成の現代では、受け入れられづらい夫婦・・・だと思う。
特に女性にとっては、ありえな~いダンナだ。

かく言うこの私も、おいおいおい~と思いながら見ました

しかし、映画の舞台は昭和も戦後間もなくの頃である。だから、ああ言う女性は少なくなかっただろうね。


嫁いでは夫に従い、老いては子に従う。
そんな教えの中で、女性が生きていた時代の話だから。

そう考えると、夫のために、とりあえず働きに出たり、自分の女としての魅力を最大限金にしよう、と無意識にでも思えちゃう辺り、佐知さんと言う女性は当時としては結構革新的な考えの女性なのかも知れない。

大谷と言う男は、ほぼ太宰治をそのまま投影した人物なのだろう。
太宰治自身、何度も自殺未遂を繰り返す人生。。。

死に取り憑かれた人生。

作家は繊細な人が多いから・・・
と、言えば聞こえは良いけれども、どうもナルシストにしか思えなかったりして。。。

借金作る、金盗む、女の所に転がり込む、なのに女房には嫉妬。

悪行の限りじゃ。。。まさに「人間失格」

でも、ああ言う男に惚れちゃう女の気持ちも解るのです。
モテるんだよね。ああいうダメ男子って。

そんな、ヒドイのに女が放っておけない男が浅野忠信にピッタリはまってた。

ストーリーとしては、のめり込める所はなく。。。

私自身が、あんな夫婦を理想としていないから
結局は、受け入れられない夫婦を勝手にしたら~と思いながらボーッと見ていた2時間。

上映中、笑う事もなく、ホロっとする事もなく、でも寝る事もなく。
ただ見続けてました。

純文学って芸術だから。。。
映画もその通り、雰囲気を楽しめばいいんでしょう。

役者さんが、皆さんとっても魅力的。
人の良い飲み屋の夫婦を演じた室井滋さん伊武雅刀さん。元々嫌いだから(ファンの方スイマセン)イヤな役が余計ピッタリに見えた広末涼子。こっちは好きなのにあんな役・・・泣.gifの堤真一。ヘタレた若者、妻夫木聡。

みなさん、あの世界観にピッタリだったわ

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ



「ヴィヨン」と言うのは、フランスの詩人フランソワ・ヴィヨンの事を言っているらしい。

事件を起こしては投獄され、最終的にはパリを追放された流浪の人、ヴィヨン。

この作品は、大谷をそんなヴィヨンに例えているのだ。

ま~。。。詰まるところはヴィヨンも大谷も、事件を起こすから罰せられるだけで、自業自得なんですが

その女房は、ただひたすら夫に尽くす。。。
と言ったら聞こえは良いが、なるべくイヤな事は考えずに淡々と前向きに強く生きている女に見える。

佐知は言う。

私、今、とても幸せよ。

大谷は答える。

女には幸せも不幸もない。
男には不幸だけがある。


何言ってるんじゃ、この男は~
その不幸はお前が自分で呼んでいるんだよ~


と怒り狂いたい所なんだけど、そういうセリフを聞いても、あまりまともに相手にしないで何となく受け流してる感じの佐知の反応や、そんなセリフが何故かハマっちゃう。その場の情景のせいで、見る方も何となく受け流して見てしまう。

一事が万事、そんな感じ。

心中未遂後の牢獄の中での

今は責めないでくれないか?

でさえ、何だかボーッと聞いてしまう。

って言うか、もう呆れちゃってるのかな。

こんな男、ホント捨てちゃえばいいのに。。。
と思うけれども、佐知は、全て受け入れて行くらしい。

「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きていさえすればいいのよ」

生きていさえすれば。。。

だから変な事、考えなさんな。
と大谷の死への思いを否定する妻。

生きる事にただ必死な時代に、変な事をいっぱいしでかす夫。

この女は、この後も、たくさん苦労しては受け流して行くんだろうな。

そして、この男は、太宰ならば。。。
最終的には必ず地獄に落ちるだろうよ。
あの冒頭の輪車占いの結果のごとく。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


松たか子/ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~

松たか子/ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~
価格:4,935円(税込、送料別)

 

【送料無料】ヴィヨンの妻改版 [ 太宰治 ]

【送料無料】ヴィヨンの妻改版 [ 太宰治 ]
価格:380円(税込、送料込)


にほんブログ村 映画評論・レビュー
ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★