映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』おかんと手を繋いで歩く

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

   

監督: 松岡錠司   
キャスト: オダギリジョー、樹木希林、小林薫、松たか子、内田也哉子、冨浦智嗣、田中祥平、谷端奏人、渡辺美佐子、佐々木すみ江、寺島進、原知佐子、結城美栄子、猫背椿、伊藤歩、勝地涼、平山浩行、荒川良々、小島聖、吉本菜穂子、松田美由紀、田中哲司、板尾創路、岩松了、田口トモロヲ、小泉今日子、六角精児、宮崎あおい、仲村トオル、柄本明、塩見三省

公開: 2007年4月


第31回 日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞

原作は未読なのだが、ハッキリ言って短期間に映像化されすぎ。。。。2006年に単発2時間ドラマ、つい最近まで1クール連続ドラマだった。ドラマ見でもあるから、全部見てます。

2時間ドラマでも連続ドラマでも泣きまくったこの題材。ここに来て映画を観て、さすがにもうストーリーが分かり切ってしまってます。新鮮味はない。。。

それでも、泣いたけど。

だってこの話は男の子の母には、もう反則なの。。。

愛情の濃い薄いはあっても、面倒をよく見た見ないはあっても、母が子に抱く愛情。そして子が母に抱く愛情。

こんなに憧れる最後は無い。

大好きなシーンは、おかんの手を引いて横断歩道を歩く「ボク」。

子供の頃、引かれていた小さい手が、今は反対に母の手を引く。当たり前のように。

この映画は、全ての母のためのラブストーリーだ。


キャストは、ドラマよりも映画が一番好き。
キャラクター作りも映画が一番好き。

「ボク」のオダギリジョーの瞳が限りなく優しい。おかんに語りかける声が優しい。繊細な演技。

それにやっぱりビジュアル的にも、大泉洋より、もこみちよりオダジョが一番リリー・フランキーさんに合ってるね。

おかんも、樹木希林さんが一番良かった。
ドラマと映画の全部で3作品の中で、映画の親子が一番素朴に胸にシックリ来た。

おかんの若い時代を娘の内田也哉子さんが演じたのも違和感がなくて素晴らしいキャスティングだった。


※2007年はパソコン不調もあって楽天ブログの方を おさぼりしていたので、引っ越す記事どころかメモさえありません。・・・ので出来る限り思い出しながら書きました。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 

にほんブログ村 映画評論・レビュー
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★