映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『ミリオンダラー・ベイビー』KOされるのは私たち自身

ミリオンダラー・ベイビー
~Million Dollar Baby~


   ミリオンダラー・ベイビー.png


監督: クリント・イーストウッド   
出演: クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン

公開: 2005年5月28日


第77回アカデミー賞 最優秀作品賞・監督賞・男優・女優賞受賞


若干のネタばれ含みます。

家族の愛に恵まれず、田舎から出てきた30代女のサクセスストーリー。

映画が始まった時は、そう思った。アメリカ映画にはよくありそうだった。

人生への最後の夢を抱いて上京してきた女と一度夢に挫折し、もうそろそろ平穏な暮らしを望んでいたトレーナーが出会う。お互いに相手を認め合うようになり、トントン拍子に上へ登っていく。

何の情報もなく見に行ったので、ロッキーの女性版なんだな、このままタイトル戦まで戦って、最後にちょっとしたピンチがあって、でも優勝して。。。。。


しかし、物語は、突然主人公たちと見ている私たちを奈落の底に突き落とす。

30女のサクセスストーリーと、トレーナーとの親娘の愛情にも似た親愛関係のストーリーは、全く色の変わった物になるのである。


衝撃でした。

「理不尽」ってこういう事を言うんだなぁ、と。神様なんて、本当にいるんだろうか。

フランキーはカトリック教徒だ。

彼が聞いた神の声は、納得できる物だったのだろうか。
闇の中に深く沈みながら、その底にある物を模索する。

 

安楽死。

ベッドに括りつけられて他人の世話になる人生と、家族に少しでも金を残せる人生。


見終わって、涙しながらも、人の幸せと尊厳について考えさせられる映画。


※この記事は当方が2000年から運営している某HPの日記コーナーから 2009年にお引っ越ししてきたメモ程度の過去記事です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」



にほんブログ村 映画評論・レビュー
ミリオンダラー・ベイビー@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★