映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【怪談】このあと女房を持てば必ずやとり殺す

怪談



    

 

監督: 中田秀夫
出演: 尾上菊之助、黒木瞳、井上真央、麻生久美子、木村多江、瀬戸朝香、津川雅彦、榎木孝明、六平直政、光石研、一龍斎貞水、清水ゆみ、広田レオナ、西野妙子、柳ユーレイ、村上ショージ、絵沢萌子、宇津宮雅代

公開: 2007年8月4日



この映画に何を求めて見に行ったか。。。それによって評価が大きく分かれるところ。

残念ながら、ホラーを求めて行った身としては、

だまされた~

感が大きいです。。。。。

女の情念をベースにした、ちょっとドロっとした時代劇を求めて行った方には満足な出来なんでしょうかね。。。

でも、申し訳ないけど、そっち目線で見ても、あんまりシックリ来ない映画だったかも。

だって、黒木瞳が普通に綺麗すぎて。。。あんまりドロドロしてるようには見えなかったの。

 

あのメイクもね。。。汚くないし恐くもないの。綺麗な女優さんは汚したくないのそれじゃ、この手の映画は無理だよね。


尾上菊之助さんは、すごく良かったと思う。
現代劇としてはどうかと思うお顔なんですが(失礼。)この時代の「やさ男」にピッタリ。

いつの時代にもこういう男はいるモンだねぇ。。。まぁ、殺られちゃって当然なんじゃないでしょうか。


映像としては、所々に中田秀夫さんらしさが出て来ます。

ラストの方の水場は。。。
「らせん」をまんま思い出しました。

そもそも、中田監督だから余計に期待したワケなんだけどよく考えたら「仄暗い」もイマイチだったワケだし、やっぱり「リング」は原作が突出していたのかも知れない。


「リング」の大島での貞子の母が出てくるシーンのようなモノクロ調で撮れば、時代感も出て恐くなったんじゃないかって気がする。。。

いや、この題材で、本気で恐い物を作ろうと思えば、絶対に
震え上がるほど恐い物が出来たはず。

って事は、わざとこんなファンタジックな作りにしたんだろうか。

思っていたのとあまりにも違ったので酷評になっちゃいました。笑.gif

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


怪談@映画生活トラックバック