映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『おと・な・り』基調音で繋がるお隣との日常風景

おと・な・り

   

監督:  熊澤尚人
キャスト:  岡田准一、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子、郭智博、清水優、とよた真帆、平田満、森本レオ
公開: 2009年7月



風の音、水辺の音、鳥のさえずり、揺れる木の葉…

そういった日常の生活の中でかき消されている、そこにある事が当然の音。
普段は意識的に聞く事はないけれども、無いと不安な音。
それを「基調音」と言うらしい。

30代なのに恋人もいなく、仕事に夢はあるけれども何となく手を伸ばしきれずにいる。

そんなお隣同志の2人の、お互いの日常を別々に描いたストーリー。
特に揺さぶられる物もないけれども、出会えて良かった気になる映画だ。

音が筒抜けの安アパートで、いつの間にかお互いの暮らしの音の中に、安心を見つける。
隣は今日も平穏に暮らし、何かに向かって頑張っているのかな、と言う想像の中で1日を終える。

優しい映像と微笑ましいストーリー。


制作・ジェイストームの字が躍るのを見て最初、大変不安になったのですが…笑.gif

全く問題なかったです。

岡田准一は事務所など関係なく良い役者だ。
今さらアイドル映画に出るって事があるはずが無かった。

岡田くんに似合った、ほんわかした味のある映画だったと思う。


本当はこの映画、隣の県などでは5月くらいに公開されているのよね。

ウチが通っているシネコンでは、やっと今週やって来て、しかも来週からはナイターで1日1回しか上映しないらしい。。。

よって、ハリポタが世界で一番初めに日本で公開されるこのレディースディに、これを見る事になりました。。。泣.gif

でも、見て良かったよ。ハート.gif

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


何の引っかかりも無かった、ってワケではない。

聡は「おとなり」の正体をいつから知っていたのかと言う事。

私は、結構、聡がこのアパートに住んでから早い時期に気付いたんではないか、と思っている。

少なくとも、この映画の中では初めから聡は隣に住んでいるのが七緒だと知っている。


茜が隣人は可愛いと言う話をした時の聡の「気まずい」反応。
茜が七緒が歌っていた歌の事を聞いた時、合唱コンクールの事を懐かしそうに語る。

何よりも、同窓会の電話をした時、うわずった声で「元気?」と聞いている。
これは前日、七緒が泣いていた事を知っていたからこそ。

で、一体、いつから知っていたんだろう…
もしも、初めから知っていて、七緒の隣の部屋に入ったんだとしたら、かなりストーカーに近いし。。。汗.gif
(岡田くんだから良いけど~笑.gif

と思いつつ、ネットで色々と回ってみたら、舞台挨拶に行かれた方のブログがあり、監督は聡が隣人の正体を知った時期は「秘密」だと言われたそうである。

見た人の想像に任せるよ、って事なのかな。

でも、引っ越した時から知ってたとしたら、ちょっとやっぱり気持ち悪いよね。笑.gif
そこは否定して欲しかった気がする…。汗.gif

あとは、この映画の中で大切な語りになる
「基調音」の説明をしてくれるコンビニ店長。

とっても良い話だし。。。。
あの時は、とっても良い人なんだと思ってたし。。。

だから、あの店長があんな人だと知ったら、せっかくの「基調音」の話が

あいつ怒2.gif怒2.gifから聞いた話

って印象になってしまうよね。怒.gif

あの人は、あのまま、ただの七緒に片想いする良い人でいて欲しかったな~。

・おと・な・り 公式HP www.oto-na-ri.com/



 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】おと・な・り [ まなべゆきこ ]

【送料無料】おと・な・り [ まなべゆきこ ]
価格:1,200円(税5%込、送料込)



 【2500円以上送料無料】おと・な・り/岡田准一

 【2500円以上送料無料】おと・な・り/岡田准一
価格:4,935円(税5%込、送料込)


にほんブログ村 映画評論・レビュー
おと・な・り@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★