映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【天使と悪魔】神は科学と仲直りできたのか

天使と悪魔
~Angels & Demons~

  

監督: ロン・ハワード
出演:  トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスゲールド、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ニコライ・リー・コス、アーミン・ミューラー・スタール、アーミン・ミューラー=スタール
公開: 2009年5月


2009年5月20日劇場観賞。

歴史と美術品・建造物はセットだ。
それらは歴史の中で作られていくから。
宗教も、またしかり。

歴史が好きで美術の道へ進んだ私のような人間にはたまらないこのシリーズ。

ヴァチカンの神秘を思い切り堪能できます。

宗教を神秘だと思い、ことさら興味を惹かれるのは自分自身がそれと無縁だからなのかも知れない。

 

そういう意味で、私もラングドン教授と同じ

自分の神を持たない者

である。

神を持たない者にとっては、その世界観は異様に映る。

彼らは何を欲しているのだろう。

自分の神は自分の思う通りの存在であって欲しい。
そんな願望が彼らを動かすのかな。

「ダヴィンチ・コード」では犯人扱いされて逃亡していたラングドン教授も、今回はただ謎を解く人。だから前作よりも安心して見ていられる。

あの音楽と共に惹き込まれる神秘と謎解きの世界。
美しい教会と無惨な生け贄。

ラストには

とてつもない感動が待っている。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


もう冒頭からあの音楽に引き込まれ。。。
壮大華麗な建築物に引き込まれ。。。

ああ、私、やっぱこの映画好きだわ~。。。

と思う。


カメルレンゴが爆弾を持ってヘリで上昇し、ヴァチカンが光で覆われ、光の雲の中からパラシュートで降りてきた時。。。

本当に感動して涙がボロボロ出たのに……

私の涙を返せ!!!

いや、ユアンは初めから怪しいと思っていたんだけど~…。だまされた。。。。。泣.gifひたむきに見えたので。

カトリックでは殺人は勿論、自殺も許されない。
彼は、もう絶対に神の国へ行く事は出来ないのだ。

あの爆弾を抱えてヴァチカンから飛び立った時は、神を、ローマを守りたいと純粋に考えていたのかな~。。。。それとも、あれも計算だったのかな…。

純粋な気持ちだったと思いたい。泣.gif

最後の枢機卿が助けられた所から、もうずっとウルウルしっぱなしだったと思う。

神がローマに使わしたのだ、と言われた「神を持たぬ者」・ラングドン教授。

新教皇がバルコニーから見下ろす広場の群衆。

長い長い悪夢から覚めて、素晴らしく美しい朝を迎えたような、そんなラストシーンが心に焼き付く。

ダヴィンチ・コード感想


「天使と悪魔」公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
天使と悪魔@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★