映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【鴨川ホルモー】アイギュウ・ビッビキピー・パゴンチョリ・ゲロンチョリ~!

鴨川ホルモー

    

監督: 本木克英
原作: 万城目 学

出演:  山田孝之、栗山千明、濱田岳、石田卓也、芦名星、斉藤祥太、斉藤慶太、荒川良々、石橋蓮司、渡部豪太、藤間宇宙、佐藤めぐみ、和田正人、趙珉和、大谷英子、笑福亭鶴光、パパイヤ鈴木、甲本雅裕、オジンオズボーン

公開: 2009年4月


2009年4月22日 劇場観賞。

万城目 学さんの本は読みたい~と思いつつ、手が出ずにいるのだけど、一昨年放映されたドラマ「鹿男あおによし」は私にとって、もう他に何も越える物がないほどの殿堂入りドラマである。

この映画にしてもそうだけれども、よくこんな事を考えつくよな~。。。。。と思うわ。その天才っぷりは恐ろしいほどだ。

また、これを映像化したスタッフも、しようと思ったスタッフも本当に凄いと思う

とにかくね~。。。

面白いっっっっ!!
奇想天外、シュールでコミカルで。。。

そして、カワイイっっっハート2.gif

オニが。。。オニが可愛すぎるっ

欲しいよ。あれ一匹欲しいよ~笑2.gif

そんなこんなで、もう褒めちぎる事しかできない。

GWは、ぜひ、劇場で彼らに会ってほしい。
一匹(うんひとり)連れて帰りたい気持ちが解る。。。。。と思うよ~笑2.gif

「鴨川ホルモー」予告動画
 

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


予告で「ゲロンチョリ~~~!!
を見ていた時は、

何だ、このポーズ。何だこの呪文
本当に面白いのか、この映画


と思ってたけど、見たら納得~!

あれは呪文ではなくて言葉だったんだね~。

各人に着いているオニが、それぞれの特徴を帯びたオニになっているのが面白い笑2.gif

そして、ホルモーの時にオニに出てくる強さと言うのは、それぞれオニを操っている人の心の強さだと言うこと。

ここが、また面白い。

ホルモーを叫ぶのにも勇気がいるのね。

もう10年以上も行ってない京都の町並み。
修学旅行で訪れた頃から、ちっとも変わってない神社の数々。

こんな不思議も、あんな不思議も何となく納得して見れてしまう私たちは

やっぱり「神の国」日本の人間だから、なのかな。

なんて。。。
ちょっと思ってみたのだった。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】鴨川ホルモー [ 山田孝之 ]

【送料無料】鴨川ホルモー [ 山田孝之 ]
価格:4,075円(税5%込、送料込)

 

【送料無料】鴨川ホルモー [ 万城目学 ]

【送料無料】鴨川ホルモー [ 万城目学 ]
価格:540円(税5%込、送料込)


にほんブログ村 映画評論・レビュー
鴨川ホルモー@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★