映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『ミュンヘン』 目には目を。。。

ミュンヘン

~MUNICH~

  

監督: スティーヴン・スピルバーグ
出演: エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズ、マチュー・カソヴィッツ、ハンス・ジシュラー、ジェフリー・ラッシュ、ギラ・アルマゴール、ミシェル・ロンズデール、マチュー・アマルリック、モーリッツ・ブライブトロイ、マリー=ジョゼ・クローズ、マリ・ジョゼ・クローズ、イヴァン・アタル、リン・コーエン
公開: 2006年2月



1972年のミュンヘンオリンピックで、パレスチナゲリラによって、イスラエル選手11人がテロの犠牲になった。

その事実に基づいた映画。

ミュンヘンオリンピック事件(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


平和の象徴であるはずのオリンピックが、国の思想の争いであるテロの犠牲となり、戦士でも何でもないスポーツ選手が殺される。

信じられない悲劇である

選手は、どんなに恐い思いをして死んでいっただろうか。。。

イスラエルは秘密機関「モザド」を編成し、11人のテロリストを1人1人暗殺すべく、その使命を5人の暗殺者に託した。


ここまでも事実なのかは知らないけれども、5人は全く暗殺の技術も教育も受けない民間人。

暗殺計画が進む中、やがて彼らの中で、パレスチナのテロリストを憎む気持ちと、殺人を苦しむ気持ちが交錯し始める。

アヴナーは言う。

「これが殺人ではないと言う証拠をくれ!」

国と言う大義名分の元に行われる殺人。
自分たちこそが、テロリストなのではないのか。。。


目には目を。歯には歯を。

恨みは恨みを呼び、殺しは殺しを呼び、彼ら自身をも脅かして行くようになる。


とにかく、暗く、辛く、救いようがない

号泣するような場面はないが、ストーリーが進むにつれ心が冷えていくのがわかる。

恨みに恨みを上乗せしても、結局救われる事はない。
やられる、やり返す、繰り返し。。。

世界では、今も人種や宗教や思想の違いによる戦争やテロが繰り返されている。いつになったら本当の平和はやってくるのだろう。

人間が人間である限り、そんな日は来ないのだろうか。


この記事は2009年に楽天ブログからインポートしてきた過去記事です。コメントはお引っ越し出来ましたが、トラックバックは引っ越せませんでした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
ミュンヘン@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★