映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【チェケラッチョ !!】Check it out Yo!

チェケラッチョ!!

  


監督: 宮本理江子
出演:  市原隼人、井上真央、平岡祐太、柄本佑、玉山鉄二 、KONISHIKI、伊藤歩、山口紗弥加、樹木希林、柳沢慎吾、松重豊、大島さと子、川田広樹、ゴリ、筒井真理子、平田満、陣内孝則
公開: 2006年4月



ストーリーはありきたりな、よくある青春ストーリー
先が全部読める展開、ありふれた人物設定、どこかで聞いたようなセリフ。

でも、こういう映画は、何も考えないで音楽と青い海に身を委ねて、ただスクリーンの中で暴れまくる登場人物たちと同化していけばいい。

スクリーン狭しと動き回るテンションの高いイッチーは、そう言う意味で、この上もなく適役だった。RAPも上手いし


脇の井上真央ちゃん、平岡祐太くん、柄本拓くんも、友達っていいなぁ。と思わせてくれたし。バックには沖縄の青い海。。。

なのに、なのに。。。
何が悪いのか、乗り切れない。

最初に書いたように、こういう映画はもうストーリーは二の次で、音楽と綺麗な景色が溢れていればそれでいいと思う。

だから。。。溢れていなかったって事だろうな。
余計なストーリーが多すぎた。

私は、この映画に何を期待して行ったのかというと、RAPを味わいに行ったのである。宣伝で聞いたイッチーのラップが結構上手だったし、ORANGE RANGEが音楽担当ならば、そう悪い事はないと思ったから。


もっと全編に音楽を!もっともっともっと。。。ずっと踊っていたいくらいに流して欲しかった。音楽が題材なのに、この映画を見て別にサントラが欲しいとも思えず。。。題材は良かったのにな~。残念。って感じ。

原作・脚本は、ドラマでは私が感動する作品を数多く作っていらっしゃる秦 建日子さん。

最後のライブシーンで、親が真っ先に駆けつけて来たりして親子の繋がりを垣間見せる辺りは、確かに秦さんだな。。。って気はする。

父(陣内)の「俺たちの子育ても案外間違っていなかったな」のセリフには、ちょっと泣けてしまった。

「チェケラッチョ」とは「Check It Out!Yo!」「俺を見ろよ!」と言う意味だそう。

随所に笑える場面はあり、テンションの高いシーンも挫折に悩むシーンも好演した

イッチーには拍手。 

あと、山口紗弥加のぶっ飛んだ演技も面白かった。

全体に。。。面白くなかったわけではない。けど、諸手を挙げて賞賛は出来ない。

もったいない、もったいない映画だったと思う。


この記事は2009年に楽天ブログからインポートしてきた過去記事です。コメントはお引っ越し出来ましたが、トラックバックは引っ越せませんでした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」



にほんブログ村 映画評論・レビュー
チェケラッチョ!!@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★