映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【敬愛なるベートーヴェン】神の声を聞く天才音楽家

敬愛なるベートーヴェン
~COPYING BEETHOVEN~

   


監督:  アグニエシュカ・ホランド
出演:  エド・ハリス、ダイアン・クルーガー、ラルフ・ライアック、マシュー・グード
公開: 2006年12月



音楽家は神に一番近い。
神の声を聞く事ができる。。。

だから自分は聴覚を失った。



神の言葉を伝える天才音楽家の人格は壊れていた。

同じアパートの住人には迷惑をかけ、人を貶める天才。
大声で怒鳴り散らし、部屋の中で水浴びをし、夜中にかかわらず楽器を鳴らす。

しかし、アパートの住人は引っ越すことはない。ベートーヴェンの新作を一番に聞く事ができる、と言う特権をもっているのは、まさしく彼らだから。

王様のようなベートーヴェンを支える事となった、作曲家志望のアンナ・ホルツ

自らを神である、と称する天才作曲家の誰にも見せられない孤独。

音楽は頭の中に溢れるが、正確に譜面にする事と、完成された音を作り出すための指揮をする事が難しい。

アンナは、彼のために第九を写譜し、演奏会では舞台下からベートーヴェンに指揮の切っ掛けを与える役割を果たす。

この第九の場面が圧巻であるhana

指揮者台に立つベートーヴェンの正面の位置から、アンナが出だしの切っ掛けを出す。揺れ始めるベートーヴェンの指。


アンナが大きく手を振る。
ベートーヴェンの指揮棒が大きく振られる。

力強く盛り上がる楽団の調べ。。。

アンナの手が小さく揺れれば、ベートーヴェンの指揮棒も小さく。そして、楽団の奏でる音も繊細に。

やがて、大きく逞しく発せられる合唱部分。
誰もが知っている第4楽章「歓喜の歌」。。。



見つめ合い、一つの名曲を2人で作り出す師弟。その姿は神々しくさえ見えた。
これがベートーヴェンの語る、神の言葉。


2007年、一本目です。
公開からは、だいぶ経っているので、かなり空いていました。

主演は、エド・ハリス/ダイアン・クルーガー

写譜師アンナ・ホルツもストーリーも完全フィクションです。

映像は美しかったです。
人間的にどうかと思うベートーヴェンの内面から発せられる神の言葉の素晴らしさ。

ああ、音楽って、素晴らしい。。

。。。と、「のだめ」以来、すっかりにわかクラッシックファンのようになっている自分。。。

アンナと2人で作り上げる第九は素晴らしかったけれども、映画的にも、ここが一番の見せ場であって、後の部分は。。。。

どうせならばラスト冒頭部分に繋いで欲しかった気がする。
「へ?これで終わり 」って感じのラストでした。

第九をもっと長くやって、そのまま終わってくれて構わなかった気がします。

自分的には1984年の名作、アマデウスの再来を勝手に期待して行ったので、それは全然違ったな。。。と言う感想でした。

でも、音楽は堪能しました。

こんなに第九をやってくれると分かっていたら、やっぱり去年の暮に行くのが正解だったかも。


この記事は2009年に楽天ブログからインポートしてきた過去記事です。コメントはお引っ越し出来ましたが、トラックバックは引っ越せませんでした。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

【送料無料】敬愛なるベートーヴェン

【送料無料】敬愛なるベートーヴェン
価格:3,570円(税込、送料込)

敬愛なるベートーヴェン@映画生活トラックバック