映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【犬神家の一族】走る石坂金田一

犬神家の一族

監督:  市川崑
出演:  石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子、萬田久子、葛山信吾、池内万作、奥菜恵、岸部一徳、螢雪次朗、永澤俊矢、松本美奈子、石倉三郎、尾藤イサオ、三谷幸喜、深田恭子、蓮佛美沙子、林家木久蔵、中村玉緒、草笛光子、大滝秀治、中村敦夫、仲代達矢、高良健吾

公開: 2006年12月


横溝正史を愛読したのは、中学生の頃。夢中で全巻読破した。

当時としてはちょっと過激だった、狂気に満ちたおどろおどろしい世界。残酷なトリック。

それを忠実に再現したのが、当時、市川崑監督が撮った一連の横溝作品だった。

日本映画独特の暗い映像の中に鮮やかに映える血の赤さ。それは怪しくも美しい映像だった。

その後、横溝作品は数多くの監督や数多くの役者によって映画化、ドラマ化されたが、当時からのファンであった私にとって、金田一耕助は、映画ならば石坂浩二ドラマならば古谷一行とイメージ付いていた。

だから、石坂金田一がリメイクされると聞いた時は正直嬉しかったんだけど。。。

感想は。。。う~ん。。。アップと走る姿がきつい。。。汗.gif

映画の世界観は前作そのままだったと思うんですよ。セリフまでほとんど同じだった気がする。前作ファンにとっては、そこは有り難い限りでした。

ただ、初めて観る世代にとっては、古くさい映画に見えたんじゃないかな~と。

私にとっては、懐かしい横溝正史の世界だったけれども、 現代では、映像技術も進化しているし、第一、当時と比べて 残酷な映像に大衆が慣れてしまいすぎている。

菊人形の頭とかも。。。きっと笑っちゃった人もいたんじゃないかと。。。笑.gif

昔は、こういうのが新鮮だったんだよね。

これに驚く事が無くなった現代人よ。それが果たして良い事なのかどうか、一度考えてみてもらいたい。リアルで残酷な映像に慣れてしまったからこそ、実際にも 信じられないような残虐な犯罪が氾濫するようになったんじゃないの?

昔の日本人は可愛かったんだよ。こんな菊人形の首でビックリしてたんだから。


。。。なんて。。。

映画を観ながら考えてしまったのでした。笑.gif

ストーリー的には前作通りだったと思うけれども、観ている私の方に変化があった。

学生の私は、ただ映画の怪しい美しさや残虐さに見とれていただけだったけれども、今回の作品では、佐清と母・松子の互いを思いやるばかりに起こしてしまった悲しい犯罪に心が痛かった。

佐清の帰りを待ち望んだであろう松子の気持ちには胸を打たれた。

今は、私自身が男の子の母であるから。。。

そんな風に、時の流れを懐かしく感じた作品だった。

※とにかく市川崑監督の描きだすこのおどろおどろしい世界観は大好きだったわ。遺作となりましたね。ご冥福をお祈りいたします。


この記事は2009年に楽天ブログからインポートしてきた過去記事です。
コメントはお引っ越し出来ましたが、トラックバックは引っ越せませんでした。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

 

 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
犬神家の一族〈2006年〉@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★