映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【戦国自衛隊 1549】旧作越えられず

戦国自衛隊1549

  
監督: 手塚昌明
出演:  江口洋介、鈴木京香、鹿賀丈史、北村一輝、綾瀬はるか、嶋大輔、宅麻伸、伊武雅刀、生瀬勝久、的場浩司、中尾明慶、高畑淳子、入江雅人
公開: 2005年6月



以前テレビで見た、千葉真一版「戦国自衛隊」は、あまり覚えていませんが、すごく斬新で面白かった気がしたので、期待して観に行きました。

予告の江口ちゃんの自衛隊服もカッコ良かったし。

えっと…こっから下はネタバレ含みます。
これから観る予定の方は観てからお読み下さい。(しかも文句ばっか)

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


とにかく、人物設定が甘い。登場人物の繋がりが、映画の中で全く見えて来ない。
キャラも立っていない。だから、感情移入もできない。

たとえば、鈴木京香は何故あんなに一生懸命に的場1佐を救おうとしていたのか。自分が飛ばしてしまった責任だけなのか。でも、たぶん、あの色っぽい目つきからして、それだけの関係じゃないと思うんだけど…汗2.gif

私は途中ウトウトしてしまったので、自分の意識が飛んでいる間にその辺のエピソードがあったのか、と思ったけれども終わってから友達に聞いたら「なーんもなかったよ」との事で

唖然(◎-◎)汗.gif汗.gif としました。

あと、過去にお出かけになる前のエピソードも不足過ぎ。

だから帰って来た時、現代に特に会いたい人もいなくて、暖かく迎えてくれる人もいなくて、(あのワケわかんないお出迎え集団は別ね汗.gif)

何か戦国時代の人たち、良い人多かったじゃん。これじゃ、江口ちゃん、あっちに残ってた方が良かったんじゃないの~笑.gifと思っちゃいました。

所々に「守る物」「守る者」と言うセリフが出てきたけれども、実際に鹿島には、何も守る物なんかなし…

鹿島は何のために死ぬかも知れない危険を冒して、あんな所まで飛んだんでしょう

あたしだったら、頼まれても絶対に行かね~。汗2.gif

映像は迫力ありましたが、天母城は何だか模型っぽい感じが。。。実際は、すごい制作費をかけたセットらしいんですが。セットなのに模型に見えてしまうって一体…汗.gif

個人的には北村一輝さんと江口ちゃんのクライマックスの突入シーンは凄くカッコイイと思いました。

ストーリーも若手の演技もメチャメチャで、見所と言ったらもうカッコ良さしかありません…泣.gif

北村一輝さんは、袴が良く似合う~。ハート.gif

彼には、時代物も今後バンバンやって欲しいです。

う~ん。

とりあえずストーリーなんかどうでも良くて戦闘物が好き、って方には、ちょっとだけお薦めしておきます。

私にとっては、久々のウトウト汗2.gif映画でした。汗.gif

この記事は2009年3月に楽天ブログからインポートしてきた過去記事です。コメントはお引っ越し出来ましたが、トラックバックは引っ越せませんでした。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
戦国自衛隊1549@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★