映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『チェンジリング』理不尽な世界との闘い

チェンジリング ~Changeling~

     


監督: クリント・イーストウッド
出演:  アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、エイミー・ライアン、ジェイソン・バトラー・ハーナー、マイケル・ケリー、ガトリン・グリフィス、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ピアソン、エディ・オルダーソン
公開: 2009年2月20日


2009年3月4日 劇場観賞。


自分の子供が解らない母親がいるだろうか。

例え、数ヶ月会わなくても。。。
母親が「自分の子供ではない」と言ったら、そうに決まっているじゃないか。

そんな当たり前の事が受け入れられない世界。

ただ我が子に会いたいだけなのに。
ただ我が子を探して欲しいだけなのに。

たったそれだけの事が、なぜ受け入れられないのか。
あまりの理不尽さに観ている間、何度も目を見開く。

2時間20分の上映時間。
長く感じるどころか、時間がどんどん過ぎて行った。

ワンシーンも見逃してはならないと思った。

辛いけど、切ないけど、悔しいけど。
これが実話だと思うと、余計見なくてはならない気持ちになる。

子供を奪われたシングルマザーをアンジェリーナ・ジョリーが抑えた演技で好演。

クリント・イーストウッド監督の作品は、心にズッシリ響くが、その重みを真実の重みとして受け止めたい。

ラストに、僅かな僅かな希望。

今までの人生で見てきた映画の中でも上位の何本かに入ると言っても決して言い過ぎではない。秀作。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ

ジェフリー・ドノヴァンのジョーンズ警部に 頭に血が上るかと言うほどの怒り。怒2.gif

全ては、この人と警察の保身と怠慢から始まった。

見知らぬ子供を連れてきて
「あなたの子供です」
って。。。おい・・怒.gif

違うって言ってるのに。どうして認めてくれないの?

スクリーンの中のクリスティンと一緒に心の中で何度も叫んだ。

警察にも頭に来たけどね。。。
あの身代わりの子供は何なの~汗.gif


警察に言わされた、って言うのは解るけど、最期まで何かアッケラカンとした態度がしゃくに障る。怒2.gif(迎えに来たあの母親も「お騒がせしました~」で終わりかい…)

こんな理不尽な世界でも、助けになってくれた人たちの存在に少しは救われる。

どんな世界でも正しい行いが出来る人たちの存在が、ストーリーの中の光になっている。

理不尽な権力の世界も切なく重かったが、20人の子供殺害のゴードン・ノースコット事件もまた、心凍らせる物だった。

この事件のおかげで、結局は警察がクリスティンの言い分を正しいと認めざるを得なくなるのだから皮肉な物である。

ジョーンズ警部は、最初、この事件の事さえ調査せずに葬ろうとしていたんだから。。。
本当に正義の欠片も持ち合わせていなかったんだよね。

そんな腐った警察の中でも、真実を求めようと動いた人がいた。

どんな世界でも、光はある。


ラストのクリスティンの

「HOPE(希望)」

のひと言に。。。

観ている者は誰でも、一筋の希望の光を感じただろう。


個人的には、ゴードン・ノースコットの手伝いをさせられていた、あの少年のその後が、 とても気になる。。。

今の時代だったら、強制的にやらされていたと言う事で情状酌量の余地もあるだろうけど。
年齢的にも、罪にはならないし。

でも。。。あの時代では。。。どうだっただろう。
あの子にも、希望のある未来がありますように。。。


追記・・・彼は許されて、きちんとした生涯を送れたらしい。
参考 ゴードン・ノースコット事件 by wikipedia
ちょっと救われたわ・・・
泣.gif

 

gathery.recruit-lifestyle.co.jp

 

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


にほんブログ村 映画評論・レビュー
チェンジリング@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★

記事のトラックバックはこちらまで

「映画@見取り八段 トラックバックセンター」http://todays-cinema.seesaa.net