映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【252 -生存者あり-】陸の海猿

252-生存者あり-

  


監督: 水田伸生
出演:  伊藤英明、内野聖陽、山田孝之、桜井幸子、木村祐一、香椎由宇、山本太郎、MINJI、大森絢音、松田悟志、杉本哲太、西村雅彦、温水洋一、阿部サダヲ、半海一晃、中根徹
公開: 2008年12月



街を直撃する雹。地下鉄構内に流れ込む水。
パニックになり、逃げまどう人の洪水。。。


パニックシーンは、臨場感あり。じっと見ていると、目が潤んでしまうほど。。。

でも、それが持続しないんだよね。日本はパニック映画を作るのがヘタだなぁ。。。とつくづく思う。

伊藤英明内野聖陽も大好きな俳優なので。結構、期待して見に行った。

でも、まあ。。。ありがちなストーリーに納まってしまった感じが。。。(ありがちって言っても、現実にあるって事ではなくて、映画やドラマにありがちって事ね汗.gif)

パニック続きの緊張感をぶった切る、主人公たちの私事エピソード。「日本沈没」「海猿2」と同じ感覚で萎える。。。

でも、実際、私はかなり泣いたんですよ。各所でウルウルポイントがあり。。。

娘を救いたい父と母の気持ちや、同僚、上司を思う隊員たちの気持ちや。。。涙もろい方なので、ウルウルっウルウルっ、としたのだけど

ウルウルしながら心の中でいっぱい突っ込んでしまった~!!だって、あまりにも展開が有り得なさすぎで~

泣けたからって良作とは限らず。

VFXは迫力満点の映像を作り出していたし、役者さんは、頑張ってた。

伊藤くんは「海猿」そのもの。今回は陸に上がってきましたって感じ。子役の大森絢音ちゃんが、ちょ~カワイ。ハート.gif

ハイパーレスキュー隊のお仕事の尊さは表現されていたと思う。

娯楽作品として、ご家族で見に行く分には良いんじゃないでしょうか。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


日テレ制作の映画なのに。。。津波に飲まれるフジテレビには笑った~笑2.gif

流されても潰されても、這い上がる主人公。どんだけ丈夫なんだ。


あれだけの人の波に押し流されながら巡り会う事が出来た父と娘。。。これは、まぁ、良いドラマとしても。。。その後が。。。

ストーリーのほとんどが素晴らしい偶然の賜物によって構成されている。

たまたまそこにあった血液凝固剤とか、
たまたまそこにあった循環させる器械とか、

たまたま多すぎ。汗.gif

ラストは、すごくウルウルしながら思いっきり突っ込んだ。

誰か早く、伊藤くんの肩から山本太郎を下ろしてやってくれ~!!



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


252-生存者あり-@映画生活 トラックバック