映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【イキガミ】最後の24時間を生きる

イキガミ

   

監督: 瀧本智行
出演:  松田翔太、山田孝之、塚本高史、成海璃子、金井勇太、佐野和真、劇団ひとり、浅利陽介、鈴之助、笹野高史、柄本明、りりィ、山崎裕太、徳井優、飯田基祐、松尾諭、ヒロシ、風吹ジュン、永倉大輔、及川いぞう、塩見三省、井川遥、江口のりこ、角替和枝、でんでん

公開: 2008年9月



こんな事をしなければ、現代の若者には死と言う概念を植え付ける事が出来ないのだろうか。

こういう法律を作れば、本当に犯罪や自殺は減るのだろうか・・・



「国家繁栄維持法」が施行されている、日本によく似た世界。そこは平和で自由が溢れていた。

平和な世界を作るために、彼らが施行しているのは無作為に千人に1人選出された18歳から24歳までの若者を法によって死亡させること。


厚生保健省の公務員・藤本の仕事は、選出された彼らに通称「イキガミ」(逝き紙)と呼ばれる死亡予告書を届けることだった。


イキガミを巡る、3話、オムニバス形式のような作り。


長いな。

と感じてしまった。

決して面白くなかったわけではないのだけど。
実際、すごく泣いたし。

とくに、3話目のラストには、かなり感動があった。

でも、

先週、先々週、「パコと不思議な絵本」「おくりびと」と人が生きる事と死ぬ事について描く映画を見てきて「イキガミ」が、一番、その裏表を描いているはずなのに、
人が死ぬ事。いなくなる事。についての描写がなぜか一番薄い気がした。

もっと背筋が凍るような、薄ら寒くなるような静寂が欲しかった気がする。

帰り道、友達と、あと24時間しか生きられなかったらどうするか考えたんだけど。。。

私だったら、別に最後にご馳走食べようとか、何かしようとか特別思わないかもね、と言う結末に落ち着いてしまった。

24時間しかないなら、特別に動かないや。。。たぶん、ずっと寝てる。笑.gif 何なら、手間を省くために棺桶に入っておいてあげてもいいよ。

とことん、不精だな。。。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


長かったと思ってしまったのは、2話目の議員の息子の話の時。

ストーリーとして、何がダメとかではないと思う。でも、ちょっとダレた空気を感じてしまって。。。

原因は分からない。エピソードとしては、重要かもしれないけれども、これを1話目に持ってきて、もっと短くても良かったのでは。と思った。

対して3話目のストーリーは最初から最後までジックリと見た。

たった2人きりの兄妹。
秀逸だったのは、兄が亡くなった後のエピソード。

新しい部屋にポツンと置かれた鏡と手紙のプレゼント。
そして、窓を開ければ満開の桜。

この兄は、自分がいなくなった後も、妹が目が見えるようになった事を喜べるように。生きている幸せを感じられるように。

ちゃんと演出して、居なくなったんだ。


その深い愛情に涙した。

こんな法律が、もしも本当に出来たら。。。

自由だと言うけれども、実際には自由じゃないよね。
反思想を持つ人間は洗脳されるわけで、少なくても思想の自由はないって事になる。

どうすれば、人を殺さなくなるのか、自殺は無くなるのか。人の命と言う物の重さを理解できるのか。

遠い未来、試行錯誤の内に、こんな法律ができてしまわない事を望みたい。

・イキガミ 公式HP www.ikigami-movie.jp/

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


イキガミ@映画生活トラックバック
★前田有一の超映画批評★