映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『おくりびと』納棺師・旅立ちの門に立つ崇高な儀式

おくりびと

  

監督: 滝田洋二郎
出演:  本木雅弘、山崎努、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、橘ゆかり、峰岸徹、宮田早苗、山田辰夫、石田太郎
公開: 2008年9月


モントリオール世界映画祭グランプリ受賞
第81回アカデミー賞 外国語映画賞受賞

「納棺師」と言う職業を初めて知った。

今までに自分が人生で体験した葬儀は4回。その内2回は、幼くてほとんど記憶にない。残りの2回は父方・母方の祖母の時。父方の時は、葬儀は自宅で行ったが、こんな儀式は記憶にない。

住んでいる地方にも寄る物なのかなぁ。。。

死体は、何となく恐い物だ。
「忌む」とよく言うが、葬儀は「忌み事」「汚らわしい」と言われてしまうのも仕方のない事なのかも。

しかし、この映画を見れば、考えは少し変わるかも知れない。

ご遺体に対する敬意に溢れた納棺師の仕事。

山崎努の、そして本木雅弘の、芸術とも思える鮮やかな、淡々とした手さばきに思わず魅入る。

丁寧に身体をお清めし、鮮やかに、そして敬意をもってお着替えをさせ、色のない肌にお化粧する。

それは、この世に確かに存在していた人を送る最後の儀式。

「汚れ」なんかじゃない。
それは崇高な儀式だ。

送り出す人たちの涙に、見る物も涙を誘われる。

崇高な儀式と、久石譲が手がける美しい音楽。そして、自然の風景。

生と死に、そして、その門出に立つ時間に、静かに浸れる映画である。


映画館でモックン(もう、そう呼んじゃ失礼かなぁ)を見るのは久しぶり。「スパイ・ゾルゲ」以来かも。。。

いくつになっても透明感のある美しさを失わない俳優だと思う。

透明な静かな時間を描く風景には、こういう役者が必要だ。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


泣かせ映画かなぁ。。。と思ったけれども、全然違った。

前半部分はユーモアなシーンも多かったし。。。

お風呂屋のおばちゃんを送り出す事になる事も、自分の父親を送り出すんだろうな、と言う事も、たぶん父親は石文を持っているんだろうと言う事も、ストーリー運びから簡単に予想できたけれども予想出来ても、泣けてしまう。

実は、父親が山崎努でした、ってオチかな、と思ったんだけど、そんなベタな映画じゃなかった。

大きな事件が起こるわけでもなく、ただ淡々としたストーリーだったけれども、心に残るシーンは多い。

見て良かったな、と思う。

葬儀に関わる人も大変だなぁ。。。いくら尊厳ある仕事とは言え、最初に出てきたようなご遺体とは、関わりたくないだろうな。

ダンナがもしも、この仕事に転職すると言ったら。。。

「汚らわしい」とは思わないけれども、やっぱり、ちょっとイヤかも。
なにか連れて帰ってきたら恐いもん。。。


・おくりびと 公式HP  www.okuribito.jp/


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

おくりびと@映画生活トラックバック