映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【ダーク・ウォーター】恐怖よりも優る愛

ダーク・ウォーター~DARK WATER~


監督: ウォルター・サレス
出演:  ジェニファー・コネリー、ティム・ロス、アリエル・ゲイド、ダグレイ・スコット、ジョン・C・ライリー、ピート・ポスルスウェイト、ティム・ロス、エリナ・レーヴェンソン、カムリン・マンハイム
公開: 2005年11月



CS・ムービープラス で視聴。

2001年に公開された、原作・鈴木光司、監督・中田秀夫仄暗い水の底からのリメイク版。仄暗い~の方は、当時劇場で観ている。

日本版の方は、あまり恐かった記憶がない。中田監督のホラーと言うことで、かなり期待して見に行ったんだけど。。。

こんなモン
ってくらいの感想しか無かったような。。。汗.gif

ジャパニーズホラーがハリウッドでリメイクされると大抵は、どうしようもない物に変わってしまうので、オリジナル版も大して恐くなかった本作については劇場には足を運ぶ気にもなれなかった。

最近、「着信アリ」のリメイク「ワン・ミス・コール」を見に行き、ブログ巡りしたところ、この「ダーク・ウォーター」の評判がリメイク版の中では、とっても良かったようなので。。。

興味を持った所、ちょうどムービープラスが放映してくれた。笑2.gif


恐くはなかった。

オリジナルに、とっても忠実。

アパートの暗い廊下、気味の悪いエレベーター、天上に広がるシミと、階上から落ちてくる水。そして、神経質な母親。

観ている内に、どんどんオリジナルのシーンが思い出されてきた。

でも。。。

私は、この映画に関しては、リメイク版の方を推します!

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


内容的には、かなりオリジナルに忠実なので、観ている内にどんどんオリジナルを思い出し、その上、映像も演出も不気味ではあるけれども、ちっとも恐さはなく、ちょっと寝そうになる…汗.gif

やはり、恐怖感や緊張感としては日本版の方が遙かに上なのである。

オリジナル版のポスターを観て、当時ゾッとしたのが、暗い廊下の向こうに立つ長い黒髪の顔がない少女の姿だった。

のっぺらぼう効果だ。
顔がない女。

中田監督は、度々この手を使う。
これは、非常にコワイ。汗.gif

本作では、階上の幽霊少女は、しっかり顔を出しているし、死んでいるとは思えないほど健康的な丸顔だし、何気にカワイイし。笑.gif

これじゃ、全然恐くないよん。
水に引きずり込む霊には見えないよ~。


と、思っていたんだけど。。。


泣けたんですよ。
ラスト。


も~ボロボロ。泣.gif


愛する娘を守るために自分の身を捧げる。
母のいない子のために自分の身を捧げる。

母のいない子、それは自分自身でもあり、自分自身の亡霊との戦いでもあったのだろう。

そして、ラスト。

母は娘に決して自分はお前を捨てたわけじゃなく、いつも側にいるんだ、と言う事を伝える。


なんて、切ないんだろう。泣.gif

この切なさは、完全にオリジナル版の上を行ったと思う。


見終わって、ホラーを見たと言う気がせず。。。笑.gif

恐さではオリジナルの方が上。
ヒューマンドラマとしては、リメイクの方が上。


どっちにしろ、オリジナルも大して恐くはなかったので、総体的に見てリメイクの方が上かな、と。笑.gif>

ハリウッドホラーを見直してしまうような情緒のある映画だったと思う。

・ダーク・ウォーター 公式HP www.darkwater.jp/

【関連記事】
・「仄暗い水の底から」感想


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
ダーク・ウォーター@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★