映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『変身』原作もこうなの?

変身 

 

   

監督: 佐野智樹   
キャスト: 玉木宏、蒼井優、佐田真由美、釈由美子、山下徹大、北村和夫、松田悟志、春田純一、山西道広、石井智也、那須佐代子、飯野芹菜、船津一弘、永野哲志、松下孝、関根祐介、井家良輔、菱山美幸、細貝弘二、仲恭司、石田太郎、増子倭文江、加茂美穂子、松熊明子、粕淵公、山賀教弘、関鐘美、聖まい、大堀賢治、高山基彦、蟹江一平、和泉宗兵、山本康平
公開: 2005年11月19日


2008年6月17日。CSチャンネルNECO観賞


この映画の存在さえ、なぜか知りませんでした…。
2005年の11月って他に何やってた時期だっけ

観てみたいと思ったのは、原作が東野圭吾だから。
と言う事と、玉木宏・蒼井優と言う出演者に惹かれたから。


成瀬淳一は、ある日病院で目覚める。
頭には包帯が巻かれ、何があったのかよく解らない。

やがて、淳一は食べ物の好みや生活習慣が、以前の自分と違う事に気付く。
恋人の恵とも、上手く行かない。

メグを愛したいのに、愛せない・・・

やがて、自分はあの時、大きな事件に巻き込まれ、脳を移植される大手術を受けた事を知る。



冒頭からグイグイと引き込まれていきます。

自分の中にある、この違和感は何なのか。
自分の頭の中にある物は何なのか。

変わっていく好み。
自分に合わない平凡な仕事。
絵が描けない。
メグを愛せない。



それらの理由と、変わっていく様子と頭の中の正体と…。
スリリングに話は進んでいく。

手術前の柔軟で気弱な淳一と、手術後の世の中をナナメに見るような淳一。

玉木宏さんの演技が光っています。

蒼井優ちゃんも、純粋にただ淳一を思うメグを好演。

この映画は淳一目線なので、手術前のメグは、とても可愛らしくて見る者の心も癒されるけれども、淳一手術後のメグは、はっきり言ってウザく見える…。汗.gif

この辺の描写がスゴイと思う。

ラスト30分位の前までは、
何てスゴイ映画なんだ。
何で、あまり話題にもならなかったんだろう…。

と、思いながら見てたんですがね。。。

ハッキリ言うと、私のこの映画の評価は高くないです笑.gif

理由はネタバレ↓で。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ



京極の姉と会って、おもちゃのピアノを2人で弾いている場面では、ちょっとウルっと・・・泣.gif

だって、この人は成瀬淳一じゃない。
京極なんだもん。


この世でたった2人きりの姉弟。

こんな形で一緒にいるなんて・・・



脳の権威であるあんたに教えてやる。
人間の脳は面白いぞ。
オレは京極の双子の姉に会って恐ろしいほどの一体感を得た。


堂元医師に詰め寄る淳一。

オレの脳は京極の脳なんだろう!?

事実を知った淳一は…
最後の良心「成瀬淳一」が生かされている間にやっておきたい事を全てやろうと決意する。


この辺から、だんだんお粗末と言うか。。。笑.gif

淳一の記憶が戻る時のあの
ぴかぴか~ん
って感じは何~??汗2.gif

いや、他にどうにか映像表現出来なかったものか。。。汗.gif

うん。難しいよね。たぶん。
それは解るけど~。。。

そして、

メグの首を絞めている最中に
ぴかぴか~ん・・・

はっ。。。
オレはオレは何を~!?

みたいな~。。。笑.gif

ちょっと安物の2時間ドラマっぽい

とってもとっても冷めてしまい、クライマックスに集中できず、蒼井優ちゃんが熱演していると言うのに泣くこともできなかった。怒.gif

しっかし、京極と言う男は、狂ってるのかって位に攻撃的な男だね。
あれじゃ脳を移植したからああ言う風に動いている、って言うより、悪霊に取り憑かれてるみたいだよ~・・・。汗2.gif

私は、東野圭吾の作品は「白夜行」「手紙」しか読んだ事がありません。
両方とも、ドラマも映画も奥深い名作だった。
でも、たぶん、この映画の原作ももっと奥深い。。。のではないか、と言う気がする。。。汗.gif


「原作を読みたい」
と言う気持ちは、映像化された物が良作だった時ばかりではないんだな。。。

と初めて認識した映画。

劇場で見なかったのは正解だったかも~笑.gif


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】変身 [ 玉木宏 ]

【送料無料】変身 [ 玉木宏 ]
価格:4,536円(税5%込、送料込)



【送料無料】変身 [ 東野圭吾 ]

【送料無料】変身 [ 東野圭吾 ]
価格:620円(税5%込、送料込)


にほんブログ村 映画評論・レビュー
変身@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★