映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』ジョーンズ先生に愛を込めて

インディ・ジョーンズ /クリスタル・スカルの王国

Indiana Jones And The Kingdom Of The Crystal Skull

  

公開: 2008年6月~
監督: スティーヴン・スピルバーグ
制作: ジョージ・ルーカス
キャスト: ハリソン・フォード、カレン・アレン、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント、ケイト・ブランシェット、アラン・デイル


まず、

あなたはその昔、「インディ・ジョーンズ」に心躍らせた人ですか

あのテーマ曲に心躍らせ、ハリソン・フォードに釘付けになり、生まれて初めて見る
不思議でスリリングでスピーディな世界にドップリ漬かった人ですか

そう言う人こそがこの映画を観て心から感動でき、楽しめる人だと思う。

はい。
私がそういう人です。

「ロッキー」「ランボー」も見に行く気がしなかった私も、これだけは観なくてはならない、と言う、何か取り憑かれたような思いがあった。

それだけ、愛したシリーズだった、と言うこと。

平日に見に行ったせいもあるだろうけれども、劇場にいる観客の年齢層の何と高いこと。。。

私と連れが一番若かったかも知れない(普通だったら、有り得ん)ってほど、高かった。

そして、みんな始まる前から何だかウキウキ楽しそう。

そう。みんなが会いに来ているんだね。懐かしいジョーンズ教授に。
ちょっと、同窓会のような不思議な感覚だった。

私だけではなく、多くの人に愛された作品だったんだ、と再認識。

もう、年なんだから~。。。

とか言う方もおられるようですが、こんなにも多くの人から愛されているジョーンズ先生。

だから、この映画は価値がある1本だと思う。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


と言っても、特にネタバレと騒ぐほどの事はありません。いつも通りのジョーンズ先生です。そして、いつも通りにワクワクです。

だって、ナスカの地上絵だよ。黄金だよ、古代文明だよ、KGBだよ。そして、宇宙人だよ。ワクワクしませんか。

とにかく、ず~っとジェットコースターに乗っているようにスリリング。引っ込んでいく階段は、まるでスーパーマリオどっすんの場面みたいです。

そして、いつも通り、どんな弾も当たらず、どんな所から落ちても傷も付かず、どんなに激しく殴られても無事です。

変な話だけど、その安心感が最後まで楽しく観ていられる秘訣なの。

エンドロールでは、なぜか涙。最後まで、懐かしくて懐かしくて。。。

今回は、ついに子供が。。。
で、ちょっとジュニア世代で続くのかなぁ、と言う予感もあるけど。。。

それは、どうかな。

私にとっては、ジョーンズ先生はハリソンだけ。

このまま、そっとしておいて欲しい気持ちがあるんだけど。。。。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国@映画生活