映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

『僕の彼女はサイボーグ』時空を越えるファンタジー

僕の彼女はサイボーグ
~ 싸이보그 그녀 ~

 

   


監督: クァク・ジェヨン
出演:  綾瀬はるか、小出恵介、桐谷健太、田口浩正、遠藤憲一、小日向文世、竹中直人、吉高由里子、吉行和子、佐藤めぐみ、ドロンズ石本、リュウ・ヒジュン

公開: 2008年5月31日


2008年6月4日 劇場観賞。


「私、あなたの心を感じる」

自分を捜し求めて泣いている愛する人の元へ向かうためにサイボーグは時空を越えた。


とても、解りやすい作品である。
時間軸の移動があれこれあるが、あまり真剣に考えずに見ていられる。


どんなに走ろうが、どんなに飛ぼうが、詰まるところテーマは。 ただ、それだけだからだ。


真剣に時空について考えたり真面目に矛盾を指摘したりし始めるとキリがないので、そこら辺は目をつぶって、ただ主演2人の行く末のみを見守ろう。

ジャンルはコメディになっているが、そんなに派手に笑える場面は無かったかなぁ。。。

ただ、恋人ロボットの歌とか踊りとか動きは何だか滑稽で可愛らしい。だから、クスッと笑ってしまう。笑2.gif

肌が綺麗で目元バッチリの綾瀬はるかにピッタリな役。こんなフィギュアが実際にあっても、ちっともおかしくない感じである。この映画、綾瀬はるか嬢のファンは、もうスクリーンに釘付けであろう。


作品全体を見て言える事は、これは韓国映画だな。

監督以外は日本人だし言葉も日本語だし、どう見ても日本映画のはずなのに何故か、どうしようもなく韓国映画なのである。

セリフの端々に風景の端々に、その匂いが散りばめられ、終いには小出恵介イケメン韓国俳優に見えてくるほどだ。(小出くんの演技って、いつもこんなんだったっけ笑.gif

とにかく、作品の価値として、一番に言えることは、綾瀬はるかが、女でも惚れそうなほど端正でコケティッシュで可愛らしい。ハート.gif

だから、彼女を見ているだけで胸が締め付けられたり、悲しくなったり微笑んだりしてしまう。ファンじゃなくても見る価値はあると思う。

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


たぶん、制作側から見たこの映画の面白さは時間軸の行き来とそれに伴う人(あるいはロボット) の動きなのだろう、と思う。

実際、同じシーンが繰り返される後半シーンは、「なるほどね~」の連続だった。

ただ、それが何故かちょっと弱いと言うか。。。汗.gif


私事ですが、昨日「アフタースクール」を観てきたばかりでして。。。別に、あっちはSFでも何でもないし登場人物が意識して時間軸を行き来しているわけではないので、全く別物と言えば別物なんだけど、

「おお~!だからこうだったのか!なるほど~!!」

と言う驚きの仕組みが、そっちの映画の方が遙かに見事な出来だったので、ついつい比較して見てしまったのである。


ストーリーは単純と言えば単純だ。

まぁ、普通ならロボットが家にいたら人間の彼女が出来たときに困る、とか、オレ、ロボット相手に恋なんかしていていいんだろうか、とか、そんな悩みも出来そうな物だが、この主人公・ジローは、本当~~にモテなくて女に縁がないらしく、ロボットが相手である事に何の抵抗も無いらしいから。笑.gif

唯一劇中で悩んだ事と言えば、相手に心が無い故に自分と同じような愛情を相手から得られない事に気付いた時である。


そして、もう取り返しが付かなくなった時、彼女は初めて

「あなたの心を感じる」

と、言ってくれるのだ。


それは、学習されたプログラムによってなのか、彼女に感情が芽生えたからなのか。。。

その判断は、観る人にお任せしますって事かなぁ。


実は、この辺は泣き所だったのかも知れないけれど、私はちっとも泣けなかったのである。

私、この映画で一番ウルウルって来たのが、田舎でお祖母ちゃんに会ったシーンだもん。。。汗.gif

本編にあんまり関係ないし。笑.gif
しかし、この映画の中で一番違和感があったのもあの田舎のシーンだったりする。

現在は2008年なわけでしょ。
主人公は、せいぜい20歳くらいでしょ。

あの田舎。。。
一体、いつの時代の日本なんだよ!!


あれを見た時、決定的に思ったの。

日本を知らない外人が描いた日本だな。これ日本映画じゃね~な。。。って。

まあ、それでも、突っ込まなければノスタルジィに浸れる場面ではあったかな。
缶の中身は有り得ないけどね。笑.gif

そんなこんなで、色々と違和感を感じつつ、それでも

はるかちゃんが可愛いからいいや~笑2.gif

で、納得できる映画でした。


♪ Happy birthday to you~ ♪~

の時、首がかすかに横にグラグラ揺れるのが私の一番のツボ笑2.gif

なんか、キモイ~!!でも、可愛い~ハート2.gif

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 


にほんブログ村 映画評論・レビュー
僕の彼女はサイボーグ@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★