映画@見取り八段

自己満足映画批評ブログです。邦画・洋画などジャンル問わず観賞。劇場上映中作品のネタバレ感想は別枠で表記。ランキングは年末総評価まとめで。

【少林少女】一緒にラクロスやろう!?

少林少女

   

監督 :本広克行
製作総指揮 : 亀山千広、チャウ・シンチー
キャスト: 柴咲コウ、仲村トオル、江口洋介、キティ・チャン、ラム・チーチョン、ティン・カイマン、満島ひかり、岡村隆史、麿赤児、富野由悠季、トータス松本、甲本雅裕
公開: 2008年4月26日


劇場観賞。


柴咲コウは、非常に目力のある女優である。その目には意志の強さが感じられるし、童顔だけれども整った顔立ちは、可愛いけれども気の強さが前面に出ている。

だから、変な恋愛物にグタグダ出ているよりもこういう役は適役だ。

元々運動神経も良いのだろう。少林拳の形はよく分からないが、この映画のために稽古を積んだと言うだけあってキビキビした動きはカッコイイ。様になってる。

ただ映画自体はね~汗.gif

こういう映画の場合、中身はあまり求めないんですよ。

時々書くことだけれども、私は本広監督の作品は好きだ。笑わせてくれるし、泣かせてくれる。見終わった後に爽やかな感動が残る物が多い。

制作総指揮に「カンフーハッスル」「少林サッカー」チャウ・シンチーを迎えている。この2本は、本当~~に中身は何もなくて、ただネタのようなギャグで爆笑した2本だった。

それでも、期待していた。別にただ笑うだけ、で良かったのだ。

しかし

笑えなかった・・・・・・・・・怒.gif
全然、爆笑できる場面がないんだもん泣.gif

「少林サッカー」でお馴染みの兄弟役だったティン・カイマンラム・ジーチョンも出演していて、 そこら辺で笑えるかと思っていたのだけど別に笑わせてもらえなかったし。

ハッキリ言って、この映画中で一度もクスリともしなかったです。ゲラゲラ笑う予定で行ったので、すっごく残念。

かと言って感動するワケでもなく、見終わった後に爽快感が何もなかった。予告は面白そうだったんだけど~。。。。。。汗.gif

そうだ!

爽快感と言えば、エンディングが一番良かったです。

うん。スッキリした。笑2.gif

あれが見たかったんだよ~~~!!
全編あれで良かったんだと思う。

ラクロスのために少林拳をやって、それが試合に役立ち、どんどん勝ち進んで。。。
で、充分じゃね戦いとか、要らん。

柴咲コウちゃんは、ほんと良かったです。
ちょっと、少林拳をやってみたくなった。笑2.gif

 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね 


    ブログランキング・にほんブログ村へ


って言っても、特筆する事もないんだけど。笑.gif

結局、仲村トオルは何がしたかったんだ
彼の行動の意味が解らないよ。。。泣.gif

天下一武闘会で優勝したかったって事でOKでしょうか

あの戦いのラストは別の意味で面白かったな~。

リンが宙を飛んで陽が背中に回り、身体が白い光で覆われた時。。。。。。。

あそこで絶対に


カメカメ波を撃つと思ったのに!!


撃たないのかよ。。。残念。。。


ああ、こんな感想か~。。泣.gif
とにかく、期待はずれでした。わん笑.gif

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


にほんブログ村 映画評論・レビュー
少林少女@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★